「note」運営会社がUUUMと資本業務提携、両社でクリエイター支援強化へ

poc2

ピースオブケイク代表の加藤貞顕CEO(左)、UUUM代表の鎌⽥和樹CEO。

出典:ピースオブケイク

メディアプラットフォーム「note」を運営するピースオブケイクと大手YouTuber事務所のUUUMは7月12日、資本業務提携を締結した。UUUMを引受先とした第三者割当増資を実施する。UUUMの出資金額は非開示。なお、note広報は、連結対象ではないと回答している。

両社の提携を通じて、それぞれの得意領域を生かしながらクリエイターが活躍する場やサポート領域の拡大を目指していく。

業務提携の第1弾として、noteで活躍する3名のクリエイターのグッズをUUUMのオンラインストア「MUUU(ムー)」で販売する。販売開始時期については、目下調整中で「できるだけ早い時期に」(ピースオブケイク広報)というステータスだ。

creater-1

グッズ販売は業務提携の最初の一歩だが、構想自体は当然、もっと広がりをもたせたものになっている。

資本業務提携の狙いの中には、UUUMのクリエイター、noteのクリエイターそれぞれが、両社のプラットフォームに活動の場を広げ、それぞれにサポートしていくことを想定している。

poc1

出典:ピースオブケイク

資本業務提携に至った理由として両社は、ピースオブケイクとUUUMのミッションの価値観が共有できる、近しいものであることを挙げる。

ピースオブケイクは、「価値観を共有できる私たちは、パートナーシップのもとで、あらゆるクリエイターの創作活動を助け、発信できる場をつくり、活動の後押しを強化していく」としている。

編集部より:参加クリエイター3名の敬称表記を統一しました 2019年7月12日 15:55

(文、写真・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中