7pay不正、確定被害は1574人、総額3240万688円と公表。7月中に対策公表へ

7pay_2_omni7_-1-1-1

撮影:編集部

セブン&アイHDは7月16日、7payの不正利用について、正確な被害規模を公表した。

7pay社として認定した被害人数は1574人、被害金額は3240万688円(7月11日17時時点)。

従来公表していた情報(参考:被害人数900人、被害金額5500万円)は被害推定規模だった。

被害金額の認定にあたっては、不正利用被害にあったユーザーによる申し出に加えて、7payのモニタリング調査などから算出した。

なお、セブン&アイHDでは、7月中を目処に、今回の脆弱性に関する対応策を取りまとめて公表する見込みだ。

(文・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み