100万回再生でいくら儲かる? YouTuberが明かす

シェルビー・チャーチ

シェルビー・チャーチのチャンネル登録者は120万人。

Shelby Church

  • YouTubeパートナープログラム(YPP)によって、クリエイターは自身のチャンネルに動画広告を掲載し、収益をあげることができる。
  • 広告の収益は、動画の再生時間、長さ、視聴者層といった要因によって決まる。
  • YouTuberのシェルビー・チャーチは、約100万回の再生で、グーグルアドセンス(Google AdSense)の収益は平均2000~5000ドル(約22万~55万円)になるとBusiness Insiderに語った。
  • チャーチは各々の要因が収益にどう影響するかを教えてくれた。

YouTubeで稼ぐことは不安定で、さまざまな要因によって左右される。だが、動画が100万回再生されれば、数千ドルを得ることができる。

チャンネル登録者数120万人のYouTuber、シェルビー・チャーチ(Shelby Church)の場合、約100万回の動画再生で2000~5000ドル(約22万~55万円)稼いでいる。同氏がBusiness Insiderに語った。

同氏の動画で、100万回以上再生されているのは17本。「This Is How Much YouTube Paid Me For My 1,000,000 Viewed Video (not clickbait)(私が100万回再生された動画で稼いだ金額)」という動画は270万回以上再生され、収益は7000ドル(約77万円)以上だったとチャーチは語った。

概要

ブランドのキャンペーンから動画内広告まで、YouTuberが動画で稼ぐ方法はいくつかある。

YPPでは、チャンネル登録者1000人以上、かつ 過去1年以内の動画の総再生時間4000時間以上のクリエイターのみが、広告、有料のチャンネル登録、チャンネルメンバーシップによる収益化を許されている。

広告はグーグルのアドセンス・プログラムによって配信される。広告がどれくらいの収益をあげるかは、動画の視聴者層、再生時間、広告主によって決まるとインフルエンサーとクリエーターに特化したタレントマネジメント会社、アディション(Addition)のチーフ・タレント・オフィサー、ピーター・マンディッチ(Petar Mandich)は述べた。

長さ

クリエイターは動画の長さに応じて、一定数の広告を入れることができる。10分以上がより収益をあげやすい。より多くの広告を入れることができるためとチャーチは語った。

視聴時間

視聴時間は、動画がYouTubeでどの程度人気なのかを判定することに役立つ。人気の高い動画は、YouTubeのアルゴリズムによって関連動画に取り上げられるチャンスも増えるとマンディッチは述べた。

YouTubeのアルゴリズムは、良くも悪くも、動画の収益化に影響を与える。つまり、関連動画に取り上げて再生回数を増やしてくれることもあれば、あるいは、著作権で保護された音楽など不適切なコンテンツを含む場合は警告を与え、収益化を無効にする。

視聴者層

YouTuberの収益は、動画が視聴されている地域と視聴者の年齢にも影響を受ける。

最も重要な地域が北米とイギリス。広告主である企業が多いためだ。視聴者の80%が北米とイギリス以外の地域だった場合、クリエイターはさほど稼ぐことはできないとマンディッチは述べた。

チャーチは、200万回以上再生されている動画が1本あるが、思うほど収益をあげることはできなかったと述べた。視聴のほとんどが、インドからだったためだ。

[原文:YouTube star Shelby Church breaks down how much money a video with 1 million views makes her

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue、増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み