無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ボーイング737「墜落の瞬間」をコックピットから捉えた動画

墜落する直前のコックピット(左)と環礁に墜落したニューギニア航空のボーイング737

墜落する直前のコックピット(左)と環礁に墜落したニューギニア航空のボーイング737

PNG Accident Investigation Commission/AIRBOYD/Lt. Zach Niezgodski /U.S. Navy/Handout via REUTERS

  • 2018年9月、ミクロネシアのラグーン(環礁)に墜落した飛行機のコックピットから撮影された動画には、機体が海面に近づき、墜落する瞬間が映っている。
  • この事故で乗客1人が死亡、他の乗客と乗組員は救助された。
  • 7月18日(現地時間)に公開された事故調査報告に記載された動画は、コックピットで整備士が携帯電話で撮影。飛行機の警報システムがアラートを発し、パイロットは「低すぎる!」と叫んだ。
  • 動画は、飛行機が海に墜落した直後に終わる。報告書は、動画は調査官にとって「極めて重要な情報源」と記した。

2018年9月、ミクロネシア連邦でボーイング737の墜落事故が発生、コックピットから撮影された恐ろしい映像には、飛行機が高度を落とし、ラグーン(環礁)に墜落する瞬間が映っている。

7月18日(現地時間)に公表された事故調査報告書に記載された動画は、コックピットの補助席に座っていた整備士が携帯電話で撮影。パイロットが機を操縦している様子が映し出され、その後すぐ、警報システムが地面に近すぎるとアラートを発する様子が映っている。

「高度が低すぎる!」と1人のパイロットが飛行機が海に墜落する直前に叫ぶ。その後すぐにビデオは終わる。

映像はこちら(音声はない)。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み