5Gになると携帯料金はいくら上がるの?スマホで10倍高速インターネットのお値段

docomo,au,SoftBankのロゴ

A. 月額料金が$10(1000円)程度増える可能性が高いです。

既にお聞きになっている方も多いかもしれませんが、もうすぐ5Gと呼ばれるより高速な携帯のインターネット通信が実用化されます。

今日の記事では少し先取りをして、日本よりも5Gが先に進んでいる国の情報から、5G通信が実現するとどのような影響があるのかを詳しく見ていきたいと思います。

5Gってどのくらい速いの?

一番最初に気になるのが、5Gになるとどの程度通信スピードが速くなるのか、という点かと思います。こちらのデータを見てみましょう。

Big four US carriers face off over 5G: We compare their peak speeds

通信スピート表

CNETより

アメリカのデータですが、AT&Tでは1.8Gbps、Verizonでも1.3Gbpsという具合に、とても早いスピードが計測されています。

現在我々は利用している方4GLTEと呼ばれる規格では100 Mbps程度ですので、それよりも10倍以上早いことになります。

通常スマホがWi-fiで通信している場合の最大速度は400Mbps程度だと言われていますので、それよりも数倍速い通信が5Gで実現するということになります。

5Gネットワークになると料金は上がるの?

docomo記者会見

撮影:小林優多郎(写真はイメージです)

最後に気になるのは5Gになると通信料金がいくら上がるのか、という点かと思います。

Verizon Drops $10 Fee for 5G Amid Complaints of Spotty Service

On April 3, Verizon Communications Inc. earned bragging rights as the first U.S. company to offer speedy new 5G service for mobile phones. The carrier even tacked on a $10 charge for the exclusive service.

アメリカの最大手の通信キャリアである Verizonは、5Gのサービスを試験開始する際に追加で月額$10(約1,000円)を課金すると発表しています。

実際には、その後に通信の都合などもあったため、この$10(約1,000円)の追加課金というのを撤回して、一時的に無料化するというアナウンスをしていますが、我々としては5Gになると月額料金が約1,000円程度増える可能性があると覚えておけば良いのではないでしょうか。

5Gネットワークってちゃんと繋がるの?

5Gは通信容量が大きくなるため、特に混雑している都市部や密集した地域などではきちんと通信がつながるのかという不安が出てきます。

それに対しての対策が、韓国の通信キャリアであるKTから発表されています。

KT to expand deployment of 5G inside buildings

KTイメージ

The country's second largest mobile carrier said it has been developing a 5G in-building repeater since February 2018 and finished development in January. The company has since been testing its 5G in-building repeater to get it ready for commercial deployment.

ここに書かれているように、KTはライバルであるSKテレコムなどと協力して、韓国の119の大型施設の中で、たくさんのユーザーがいてもきちんと5G通信が実現できる技術を開発したと発表しています。

具体的には、ビルの中にリピーターと呼ばれる機器を設置して、通信を拡散させていく方法をとっています。

既に5Gネットワークが利用できるようになっている国はどこ?

日本ではまだ実用化がほとんどされていないかと思いますが、一部の国では既に5G通信がユーザーに提供されています。

Verizon launches Galaxy S10 5G and unveils 20 more 5G cities for 2019

5Gイメージ

端末としては、サムスンの Galaxy S10 5G が5G通信に対応しており、Verizonは少しずつではありますが、アメリカの主要な都市では5G通信を提供し始めています。

最後に、世界のどの辺りで現在、5G通信が利用可能になっているのかを見ていきましょう。

OOKLA 5G MAP™

OOKLA 5G MAP1

グローバルで見ると、韓国、スイス、そしてクエートの3カ国が、圧倒的に5G通信先進国だと言えるでしょう。

OOKLA 5G MAP2

特に韓国では、主要都市だけではなく、離島にまで5G通信が実装されつつあり、スマホ先進国としての、そしてブロードバンド先進国としての、力の入れ具合が見て取れます。

OOKLA 5G MAP3

一方でアメリカでは、まだまだ主要都市に設置が始まった段階であり、これからの普及が待たれます。

日本はまだまだこの地図には載っていないので、これから2020年にかけて、早めに通信が普及してくるものと予定されていますが、通信スピードだけではなく、各携帯キャリアがオファーしてくる料金プランも注目していきたいと思います。


シバタナオキ:SearchMan共同創業者。2009年、東京大学工学系研究科博士課程修了。楽天執行役員、東京大学工学系研究科助教、2009年からスタンフォード大学客員研究員。2011年にシリコンバレーでSearchManを創業。noteで「決算が読めるようになるノート」を連載中。

決算が読めるようになるノートより転載(2019年7月23日公開の記事)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み