メルカリ、通期決算で特損103億円を計上へ。通期業績予想の詳細も公表

メルカリロゴ

撮影:伊藤有

メルカリが2019年6月期決算の個別業績において、特別損失103億7200万円を計上することがわかった。7月25日、適時開示で明らかにした。

特損を計上する理由として、メルカリが保有する関係会社株式のうち、米国子会社であるMercari, Inc.を中心とする子会社株式の実質価格が著しく下落したため、としている。

メルカリは「特別損失は連結決算上消去されるため、連結損益への影響はない」としている。

またこれに合わせて、売上高予想以外非開示としていた2019年6月期の業績予想についても、次のように公表している。

result_renketsu

result_tantai

(文・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み