代替肉がついにどこでも食べられる! 米バーガーキング、植物ベースの"肉"メニューを全国展開

インポッシブル・ワッパー

8月8日から、アメリカ全国のバーガーキング7000店舗でインポッシブル・ワッパーが購入できる。

Burger King

  • バーガーキングは8月8日(現地時間)から、アメリカ国内7000店舗で代替肉を使った「インポッシブル・ワッパー」を販売する。
  • これに先駆けて行われた試験販売はうまくいったが、一部店舗ではインポッシブル・フーズ社製の植物ベースの代替肉が不足した
  • インポッシブル・ワッパーの全国販売は期間限定だ。ただ、客の反応によっては固定メニューになる可能性もある。
  • バーガーキングのプレジデント、クリス・フィナッツォ(Chris Finazzo)氏は、同社が他の植物ベースの代替肉も「模索している途中」だと語った。だが、それは「開発のかなり初期の段階」だという。

バーガーキングは8月8日から、アメリカ国内7000以上の店舗で代替肉を使った「インポッシブル・ワッパー」を販売する。

一部店舗での4カ月に及ぶ試験販売が成功し、バーガーキングは植物ベースの代替肉を使ったこのハンバーガーをアメリカ全土で販売することを決めた。

インポッシブル・ワッパーの販売は期間限定だが、同社のプレジデント、クリス・フィナッツォ氏は、未来は変わるかもしれないとBusiness Insiderに語った。

「わたしたちの固定メニューの座を獲得しない理由は見当たらない」

フィナッツォ氏は、バーガーキングでは、固定メニューは客のフィードバックによって決まると言い、これまでのところ、インポッシブル・ワッパーに対する評価はおおむねポジティブなものだと話した。試験販売の段階でその需要は高く、一部店舗では代替肉が不足したという。

インポッシブル・ワッパーの広告

Burger King

ただ、フィナッツォ氏は今後、バーガーキングで同様の不足が起こるとは考えていない。

「(インポッシブル・ワッパーが)どのように売れるかは良く分かっている。最終的には、大手メーカーから商品を手に入れたい」

インポッシブル・ワッパーの全国販売は、一般消費者に"植物ベースの代替肉"という選択肢を手の届くものにしたいというバーガーキングの計画の第一歩だ。

フィナッツォ氏はまた、同社が他の植物ベースの代替肉も「模索している途中」だと語った。だが、それは「開発のかなり初期の段階」だという。

アメリカでは8月8日から9月1日まで、客はインポッシブル・ワッパーを食品デリバリーの「ドアダッシュ(DoorDash)」を通じて配達料ゼロで注文することができる。また、この期間中はインポッシブル・ワッパーとオリジナルのワッパーを食べ比べできる「インポッシブル・テイスト・テスト」が、ドアダッシュもしくはバーガーキングのアプリから7ドル(約750円)でオーダー可能だ。

[原文:Burger King is taking the Impossible Whopper national and says it's looking into other plant-based 'meat' items]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み