副業問題からフリーランスの契約まで。吉本騒動でビジネスパーソンが知るべき厳選5本

謝罪会見。

お笑いファン以外の注目も集めた、吉本興業の闇営業問題。もはや単なる「超有名芸能プロダクションのお家騒動」ではなく、私たちの社会が抱えるさまざまな問題を映す「鏡」とも言えます。Business Insider Japanが掲載した記事の中から、吉本芸人が好きな人も嫌いな人も、読んでためになる5本を選びました。

芸人と吉本の関係は他人事じゃない。フリーランス、副業時代に知っておくべき契約と反社のこと

ウェブ調査の結果。

今回の問題は、働き方の多様化に伴って増えているフリーランサーや、解禁の動きが広がる副業を手がける勤め人が抱える潜在的なリスクを浮き彫りにしました。フリーランス協会の代表が、留意点や危機管理について考察しました。

Learn more?


プロ広報が見抜く宮迫・亮の「戦略的会見」。2人の役割分担と“二項対立”がカギだ

吉本興業のロゴ。

大々的に報じられた宮迫博之さんと田村亮さんの記者会見。「戦略的なPRという観点では学ぶ点が多くある」という専門家が、企業などの危機管理コミュニケーションにすぐにでも役立つポイントを解説します。

Learn more?


【吉本騒動】「反社会的勢力」とはそもそも何か? 暴力団“以外”の見きわめが難しい

謝罪会見。

「闇営業」問題が表面化してから、「反社」(反社会的勢力)という耳慣れない言葉がニュースにたびたび登場するようになりました。そもそも反社とは誰を指す言葉なのか。そして、企業はなぜ反社対策をしなければならないのでしょうか?

Learn more?


独禁法に違反? 契約書なし続く吉本をめぐる2つの法的疑問

お金。

吉本の芸人は会社と契約書を交わしていませんが、これでは立場の弱い芸人の側に不利益が生じやすく、「独占禁止法や下請法に違反する可能性がある」という指摘も出ています。「大手メーカーと町工場」の関係にも通じるこの論点について解説します。

Learn more?


吉本・大﨑会長の25年。脱興業から「スーパー企業」へという野心

吉本興業の大﨑会長。

ダウンタウンを始めとするタレントのプロデュースから海外展開まで、らつ腕をふるって吉本社内で「一強」体制を確立した大﨑会長。四半世紀にわたり付き合いを重ねてきたライターが、今回の問題の深層を読み解きました。

Learn more?

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み