海兵隊「ブートキャンプ」、新兵の24時間

パリスアイランドの新兵訓練基地。

パリスアイランドの新兵訓練基地。

Lance Cpl. Dylan Walters/US Marine Corps

  • テレビや映画で見る海兵隊のブートキャンプ(新兵訓練)は、アドレナリンが湧き出るアクションの連続。
  • 確かにアクションは多いが、これらは何時間、何日にもわたる単調で退屈なことと交互に行われる。
  • サウスカロライナ州パリスアイランドにある伝説的な海兵隊リクルートデポ(新兵訓練基地)での24時間が実際にはどのようなものか。元海兵隊員が語った。

海兵隊のブートキャンプは伝説的なもの。だが本当に映画で描かれているようなものなのか?

テレビや映画では、新兵は障害物だらけのコースを走り、1対1の戦闘訓練を行い、高所から飛び降り、泥の中をほふく前進で進むなどアクションの連続のように見える。

だが実際には、これらは何時間、何日にもわたる単調で退屈なことと交互に行われる。

筆者は2012年の夏をパリスアイランドの海兵隊リクルートデポ(新兵訓練基地)で過ごした。

新兵が訓練の第一段階で経験する1日を見てみよう。

0330(3時30分):公式には0400(4時) ── 「ゼロアワー」あるいは「オー・フォー・ハンドレッド」と読む ── が起床してベッドから出る時間。非公式にはその30分前には起きなくてはならない。

夜間警備中、記録をつける新兵。

夜間警備中、記録をつける新兵。

Cpl. Caitlin Brink/US Marine Corps

約50人の新兵が6つのトイレを使うので、時間がある時に行くのがベスト。公式には起床時間の後に時間があるのだが、実際はそうとは限らない。歯を磨くのも同じ。

0400(4時):ライト、ライト、ライト! 夜間警備担当はそう叫びながら、照明のスイッチをオンにしていく。

新兵が一列に並ぶなか、教官が怒鳴りながら見て回る。

新兵が一列に並ぶなか、教官が怒鳴りながら見て回る。

Sgt. Jennifer Schubert/US Marine Corps

新兵は「ラック」と呼ばれるベッドの前に、一列に並ぶ。

0401(4時1分):50人の新兵がトイレ ── 海兵隊ではヘッドと呼ぶ ── を終えた30秒後は、着替えの時間。

新兵は競うように制服に着替える。

新兵は競うように制服に着替える。

Sgt. Dana Beesley/US Marine Corps


0415(4時15分):兵舎の清掃。

兵舎の床を“ブラシ”で磨く。

兵舎の床を“ブラシ”で磨く。

Cpl. Caitlin Brink/US Marine Corps


0430(4時30分):ブーツのヒモを締め終わると、外に出て“整列”。

整列して行進する新兵。

整列して行進する新兵。

Cpl. Caitlin Brink/US Marine Corps


0500(5時):食堂に一番最初に入り、食事を終えた小隊は、次の訓練が0600(6時)に始まるまで時間がある。だが訓練に休みはない。

Pfc. Sarah Stegall/US Marine Corps


0600(6時):授業。

授業を受ける新兵。

授業を受ける新兵。

Cpl. Jennifer Schubert/US Marine Corps

エアコンが効いた教室は、リラックスタイムと言えるかもしれない。

0900(9時):授業が終わり、昼食まであと1時間。再び訓練。

教官が新兵の銃を検査。

教官が新兵の銃を検査。

Cpl. Anthony Leite/US Marine Corps


1100(11時):海兵隊マーシャルアーツプログラム(Marine Corps Martial Arts Program:MCMAP)の時間。

マーシャルアーツの基本的な構えを取る新兵。

マーシャルアーツの基本的な構えを取る新兵。

Cpl. Brooke C Woods/US Marine Corps


1500(15時):兵舎に戻る。

新兵を指導する教官。

Lance Cpl. Anthony Leite/US Marine Corps


1700(17時):夕食。

夕食の列に並ぶ新兵。

夕食の列に並ぶ新兵。

Sgt. Dana Beesley/US Marine Corps

1800(18時):兵舎に戻る。50人の新兵が一斉にシャワーを浴びる。

1805(18時5分):シャワー終了、極めて短時間。

1806(18時6分):銃の整備。

自分の銃は自分で整備する。

自分の銃は自分で整備する。

Pfc. Maximiliano Bavastro/US Marine Corps


1900(19時):就寝前に1時間の“フリータイム”。

家族からの手紙を読む新兵。

家族からの手紙を読む新兵。

Lance Cpl. Mackenzie Carter/US Marine Corps


2000(20時):就寝。

新兵の就寝風景

眠ることも訓練の一環。

Lance Cpl. Vaniah Temple/US Marine Corps

良い夢を!

サラ・オームス(Sara Ohlms)は2012年夏、パリスアイランドで13週間を過ごした。その後、軍用犬のハンドラーとして4年間を軍で過ごす。現在、ミズーリ州セントルイスを拠点にフリーライターとして活動している。


[原文:This is what 24 hours is really like for recruits at US Marine Corps boot camp

(翻訳:仲田文子、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み