“動くカメラスマホ”がついに国内上陸 ── ASUS「ZenFone 6」の実力を試してみた

ZenFone 6

ASUSは最新スマートフォン「ZenFone 6」の国内発売を8月23日と発表した。

撮影:小林優多郎

台湾のPCメーカー・ASUSは、新型スマートフォン「ZenFone 6」の日本展開を発表した。

直販価格はメモリー6GB・ストレージ128GB版が6万9500円、メモリー8GB・ストレージ256GB版が8万2500円(いずれも税別)。

本体カラーはミッドナイトブラックとトワイライトシルバーの2色展開。発売日は8月23日だが、メモリー8GB・ストレージ256GB版のトワイライトシルバーのみ8月30日になる見込みだ。

ZenFoneシリーズは、格安スマホの草分け的存在として2014年に登場。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクでの取り扱いはないため、シェアは2018年の国内出荷台数ベースではベスト5から外れている。ラインナップは幅広く、家電量販店などの店頭で見かける機会は多い。

最新機種ZenFone 6は5月に世界発表。その奇抜なカメラ稼動機構が注目を集めた。写真をまじえて詳細な仕様を見てみよう。

正面面積の約92%がディスプレイ。かなりスッキリとした印象

ZenFone 6 正面

画面サイズは6.4インチ。解像度は2340×1080ドットのIPS液晶を採用。


背面には指紋センサーと2つのレンズ。カメラが「動く」のが最大の特徴

ZenFone 6 背面

左側が1300万画素の超広角レンズ、右側が4800万画素のメインカメラとなっている。


背面カメラが180度電動で回転し、正面カメラを兼ねる

カメラが動く

落下を検知すると自動でカメラが背面に戻る機能も付いている。


つまり、背面カメラと同じ高画質でセルフィーが撮れる

セルフィーに使える


パノラマ撮影や動画のパン(左右に視点をふる操作)も電動カメラのおかげでスムーズ

動画サンプル


基本的なカメラ性能も申し分ない。こちらは標準倍率で撮影したもの

船 通常

撮影モードは標準のオート(画像をクリックすると実際の大きな写真を表示)。


続いて広角モードで撮影

船 広角

撮影モードは標準のオート(画像をクリックすると実際の大きな写真を表示)。


デジタルズームは最大8倍までサポート

船 ズーム

撮影モードは標準のオート(画像をクリックすると実際の大きな写真を表示)。


画質傾向はシャープなパリッとした写真、という印象

ヒマワリ 作例

撮影モードは標準のオート(画像をクリックすると実際の大きな写真を表示)。


搭載アプリには独自モノはあまりない。かなりGoogleサービス寄りの印象

プリインストールアプリ

プリインストールアプリはATOKなどを除き、グーグルのものが中心に入っている。


一部機種でしか使えないグーグルのスマホ使いすぎ防止機能「Digital Wellbeing」も利用可能

Digital Wellbeing

Digital Wellbeingは、PixelシリーズやAndroid Oneシリーズを中心に展開されている。


右側面上のボタンではGoogleアシスタントを一発で呼び出せた

右側面上側のボタン

人前で「OK, Google」と話す必要はない。


このボタンの「1回押す」「2回押す」「長押し」には別の機能を割り当てられる

ボタン カスタマイズ

ただし、任意のアプリの指定はできなかった。


SIMは2枚挿し・同時待受可能な「DSDV」に対応。国内3キャリアの高音質通話「VoLTE」が使える

SIMスロット

DSDV=Dual SIM Dual VoLTEの略。



カメラ性能と本体性能のコスパは?

カメラ機能

SNSなどでカメラを多用する人であれば、ZenFone 6のカメラには要注目。

電動のカメラ、正面と背面カメラを兼ねる構造をそれぞれ採用したスマートフォンは過去にもあった。しかし、電動でカメラを任意の角度に変更できたり、動画のパンの操作やパノラマ撮影に応用するというのは、案外実現していなかった発想だ。

また、このような国内では唯一無二のカメラ機能と、メモリーやストレージ容量、クアルコム製のハイエンドチップセット「Snapdragon 855」を採用している点を加味すると、高性能モデルでも8万2500円(税別)というのは、正直コストパフォーマンスが良い。

もちろん冷静に考えれば、ZenFone 6はかなり“尖った”ハイエンドモデルのため、多くの人が買う端末ではないだろう。しかし、10月に控える、いわゆる「分離プラン義務化」で、端末の「割引のない本当の値段」が見えやすくなる。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアのユーザーでも、キャリア端末以外に視野を広げる人が多少なりと増えるはずだ。

「ハイエンド端末は欲しいけれど、スマホに10万円以上払うだなんて」という人なら、一度店頭で触って試してみても良いスマホだ。

(文、撮影・小林優多郎)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み