「日本不買」に加わる韓国の若者のホンネは?日韓対立の現場で何が起きているかがわかる厳選5本

不買運動。

解決の糸口が見えない日韓両国の対立。Business Insider Japanが掲載した記事の中から、大手メディアが大きく報じていない独自視点の記事を中心に、さまざまな現場で今起きていることがわかる5本を選びました。

「嫌韓の資金源断つ」「正直バカみたい」日本製品の不買運動に対する韓国10代、20代のホンネ

文房具。

韓国のSNS上では「#BOYCOTTJAPAN」などのハッシュタグで日本製品の不買運動を呼びかける声が増えています。このムーブメントを引っ張る10代・20代の若者たちは、どんな想いを抱いているのでしょうか?

Learn more?


日韓摩擦の最中でも女性誌は「韓国特集」が1人勝ちする理由

二コラ。

こんな時でも、ティーン向け月刊誌『ニコラ』の韓国特集号が売れています。同時期に発売した『JJ』『S Cawaii!(エスカワイイ)』も韓国特集を組むなど、女性誌にとってはテッパン企画のようです。

Learn more?


もし明日、韓国との軍事情報共有協定(GSOMIA)が破棄されたら……どんな問題が起きるのか

ミサイル発射。

日本政府が韓国をホワイト国(輸出優遇国)から外した件への「報復」として、韓国が日本との「軍事情報包括保護協定(GSOMIA、読みはジーソミア)」を破棄する方針を決めました。北朝鮮が相変わらず不穏な動きを見せるなか、これからどうなるのでしょうか?

Learn more?


韓国依存の九州インバウンドは「リーマン級」打撃。それでも楽観論増える3つの理由

福岡・天神の百貨店。

朝鮮半島に地理的に近い九州では、インバウンドの本命は今も昔も韓国の人たちです。観光業界は大丈夫なのでしょうか?

Learn more?


韓国の日本製品不買運動のダメージ明らかに。ユニクロは前年比5割減、無印は4割減

ユニクロ。

実際のところ、日本製品の不買運動はどのくらいの広がりを見せているのでしょうか。徐々にデータが明らかになってきています。

Learn more?

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み