アメリカでいま最も増えている仕事は、富裕層の面倒を見る「ウェルス・ワーク」 —— ブルッキングス研究所

マニキュアを塗ってもらう人

Getty Images

  • アメリカでは、主に富裕層を対象とした「ウェルス・ワーク」もしくはパーソナルケアの仕事が急速に増えている。
  • ブルッキングス研究所の最新レポートによると、ネイリストの仕事は2010年以降2倍に増えていて、フィットネストレーナーの求人は全国平均の2倍のスピードで増加している。このデータはThe Atlanticが最初に報じた
  • 「ウェルス・ワーク」は、アメリカの富裕層が国の富の大部分を独占する中で増加している。

アメリカの富裕層は気ままに過ごしたい —— だから彼らは人を雇う。

ブルッキングス研究所の最新レポートによると、プライベート・シェフや家政婦、マッサージ・セラピスト、保育係といった「ウェルス・ワーク」もしくはパーソナルケアの仕事が2010年以降、急速に増えている。

事実、2010年から2017年の間に「マニキュアやペディキュアを施すネイリストの数は2倍に増え、フィットネストレーナーやスキンケア・スペシャリストの数は少なくとも全国平均の2倍以上のスピードで増加している」と、The Atlanticはブルッキングス研究所のデータを引用し、報じている

中でも、これらの仕事はハワイ州やフロリダ州といったリゾート地を中心に増えていると、ブルッキングス研究所のレポートは指摘している。「ウェルス・ワーク」は富裕層が多く住む都市にも多い。

ブルッキングス研究所のレポートは、ネイリストやヘア・スタイリストといったパーソナルケアの仕事から税務申告書の作成者やファイナンシャル・アドバイザーといったお金の専門職まで、主に富裕層を対象とした12の特定の職業に焦点を当てている。

米労働統計局の職業雇用統計のデータを使って、Business Insiderは2018年5月現在(入手できる最新のデータ)、これら12の職業がそれぞれの州の労働人口に占める割合をまとめた。

統計まとめ

Business Insider/Andy Kiersz, data from Bureau of Labor Statistics

超富裕層向けの仕事であるにもかかわらず、こうしたウェルス・ワークの稼ぎは多くない。労働統計局によると、ネイリストの収入は1時間あたり約11ドル(約1160円)、スキンケア・スペシャリストの収入は1時間あたり約15ドル(約1580円)だ。フィットネストレーナーやプライベート・シェフはもう少し稼いでいるが、仕事は不定期だ。

収入格差が広がるにつれて増える富裕層向けの仕事

富裕層向けのサービス業は(少なくとも部分的には)貧富の差の拡大から生じている。

2016年、アメリカの富裕層上位20%は全体の富の77%を所有していた —— そして上位1%だけで中流層全体を超える富を所有していた。さらに悪いことに、上位1%は全体の富の23.9%を占めている。富裕層がこれほど高い割合を占めるのは、世界大恐慌の直前以来のことだ。

富裕層がさらに裕福になり続ける一方で、多くのミドルクラスや労働階級のアメリカ人は苦しんでいる。アメリカ経済は、仕事を探している人の数よりも求人数の方が多い状態を意味する 「完全雇用」状態とはいえ、賃金は伸び悩み、その伸び率(インフレ調整後)は1973年以降、年率0.2%だ。

[原文:Taking care of rich people is America's hot new gig. Here are the states benefiting from the job boom.

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み