「国内最速級の防災速報を」“特務機関NERV”防災アプリを世に出した石巻出身プログラマーの執念

IMG_0096

「特務機関NERV防災アプリ」公式サイト。

撮影:伊藤有

台風や地震などの防災関連情報を爆速で発信することで有名なTwitterアカウントがある。

人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズに登場する組織「特務機関NERV」を名乗り、東日本大震災以降、ほぼ休むことなく8年にわたって情報を発信し続けてきた。フォロワー数は8月28日現在で約75万人になった。

アカウントの“中の人”(運営者)は、脆弱性診断などを主力事業とするセキュリティーベンチャー、ゲヒルン(東京・千代田区)を経営する石森大貴さん。セキュリティー界隈で名の知れたプログラマーで、生粋の“エヴァファン”。社名の由来も同作品からとった。

「特務機関NERV防災アプリ」のデモ画面

「特務機関NERV防災アプリ」のデモ画面。マップ部分はするするとスクロールし、拡大・縮小させて地域ごとの天候などの情報もグラフィカルに見られる。

撮影:伊藤有

これまでTwitterの「特務機関NERV」は個人プロジェクトとして運営してきたが、9月1日「防災の日」をきっかけに「特務機関NERV防災アプリ」の配信をはじめる。

アプリは新たに、自身の会社ゲヒルン名義で運営していくという。なぜ「防災」にまつわる活動を続けるのか。そこには、日本の防災意識を変えたいという個人としての強い想いがあった。

「テレビが災害時に役に立たなかった」教訓

ゲヒルン代表取締役の石森大貴さん

ゲヒルン代表取締役の石森大貴さん。若手の情報セキュリティ人材を育成する「セキュリティ・キャンプ」理事もつとめる。ゲヒルンの従業員は現在16名。少数精鋭のエンジニア集団だ。

撮影:伊藤有

「気象庁のHPに出るより実測で約1分、国内の有名防災アプリより約25分“速い”んです」

「iPhoneの“重大な通知”に対応した数少ないアプリです」

取材日の8月21日、石森さんはゲヒルンのオフィスで、アップルの審査を通ったばかりの「特務機関NERV防災アプリ」を見せながら、アプリ版の特徴を説明してくれた。

石森さんは現在29歳。東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻出身だ。

8年前の2011年3月11日14時46分、石森さんは関東で被災した。当時は筑波大の学生のかたわらゲヒルンを起業したばかり。自宅で事業に没頭していたときに、東日本を地震がおそった。

石巻の実家は津波の直撃を受け、全壊。家族の無事が確認できたのは、津波発生から4日も経ったあとだった。連絡がとれた際の第一声が「生きてるから」だったことは一生忘れられない。

震災が与えてくれた大きな教訓の1つが「“防災情報はテレビを見ればいい”は、実は災害時には役に立たないことがわかった」ことだと石森さんは言う。

3.11当時、津波が直撃するような危機的状況にあった地域では、停電などでテレビの防災情報を見られなかった人が多数いた。大津波警報を最も知る必要があった人たちに、届かなかった。

「気象庁の津波情報を、1秒でも早く知りたい。家族に逃げるように連絡したい」

当時のテレビ映像では、地震発生から1時間と経たず、石巻を大きな津波が襲ったことが記録として残っている。情報を知ることさえできれば、もっと多くの命が助かったのではないか —— 石森さんがこの8年、Twitterの「特務機関NERV」を通じて、防災情報を通知する「スピード」と「わかりやすさ」に執念を燃やし続けた最大の理由はここにある。

謎多き「特務機関NERVアカウント」

 Twitterの「特務機関NERV」アカウント

Twitterの「特務機関NERV」アカウント。8月28日現在でフォロワー数は75万人を超えた。

「特務機関NERV」のTwitterでの活動は、内情を知らない人からすれば謎多きアカウントだ。

一見するとエヴァンゲリオンのファンがつくったジョークアカウントのようにも見えるが、情報は正確で、何より速い。筆者自身も、台風から地震情報まで、何か速報級の災害が起こったらまずNERVをTwitterで検索するほどだ。

 Twitterの「特務機関NERV」アカウント

地震情報だけではなく、台風や緊急性の高い事件(NHK速報で扱うものなど)も幅広く配信している。

撮影:伊藤有

Twitterの「特務機関NERV」アカウントは、防災情報を発信しはじめた2011年当初からその活動が評価され、版権元の許諾を得て、「公認・非公式」という形で活動を続けてきた。

防災情報配信システムは「ゲヒルンの技術提供」という形をとる。情報源は年々アップデートを進め、今では、

  • テレビ局と同様に気象業務支援センター(気象庁本庁舎内)に専用線を敷設し、ダイレクトに情報を取得
  • Lアラートへの対応
  • ニュース情報の自動引用
  • 独自に構築した国内10地点の定点カメラ情報

をはじめとするさまざまな情報を、(ゲヒルンが)独自に構築したシステムの支援を受けて配信する。

そのほとんどは自動配信だが、文字情報だけでなく地図情報なども自動生成するシステムを構築している。だからこそ速く、わかりやすいのだ。

たとえばNERVアカウントの場合、気象庁からの地震情報は、発報からツイートまで、映像生成した上で約1秒しかかからない。

NERVを支えるシステムが防災関係者の間で高く評価されていることは、インフラ技術を提供するゲヒルンが、気象庁の「予報業務許可」を得たり、同「大雨・洪水警報の危険度分布に係る通知サービスの協力事業者」に選ばれていることからも明らかだ。

「特務機関NERV防災アプリ」で目指したもの

main

「特務機関NERV防災アプリ」。アイコンは、権利元の許諾を得て、実際のNERVアイコンがそのまま使われている(タップすると公式サイトに遷移します)。

出典:ゲヒルン

社内に設置したインフォーメーション画面

社内に設置したインフォーメーション画面。専用線で届く気象庁データなどをはじめとした災害情報がいつでもわかるようになっている

撮影:伊藤有

NERVを支えるインフラづくりは、この2年ほどで本格化し、ゲヒルン社内に「危機管理局」という部署を新設した。チームは総勢6名。そのうち4名がプログラマーで、防災システムを自ら開発し、あるいは予報アルゴリズムをつくり、細かな高速化を続けている。

そもそも、特務機関NERV防災アプリは、当初「ゲヒルン防災アプリ」という名称で配信するつもりだった。それが、2018年末に「NERV」の名前を使えることになり、開発に本腰を入れた経緯がある。

当初は2019年3月11日を配信予定日にしていたが、NERVの看板を掲げる以上、中途半端なことはできない。公開時期を半年遅らせ、デザインや機能を作り込んだ。

日本では数少ない、iPhoneの設定を無視して危機情報を通知する「重大な通知」にも、苦労して対応させた。

防災アプリとして作り込むために、あえてエヴァンゲリオンの世界観に「近づけなかった」部分もある。

たとえば、震源の深さの表現は、作品中の表現(ジオイド震度)などは使わず、またエヴァンゲリオン風のナレーションなども入らない。

「“正しくお伝えする”ということにこだわった。エヴァファンからすると、ちょっと不満かもしれないけど、(作品中の表現に寄せすぎると)本当か嘘なのかわらなくなってしまうから」(石森さん)

特務機関NERV防災アプリの画面

特務機関NERV防災アプリの動作画面。緊急速報などの通知は、緊急度に応じてアラート音が変わる。エヴァンゲリオンの作品中でよく登場する赤や紫という色は警告色のため、必要な場合以外は使わないようなデザインを心がけた。

命の危険が迫っているときは、絵と音でそれがわかるように。

位置情報を使い、無駄な通知は極力出ないように。

さらに、情報セキュリティーの会社がつくるアプリとして、ユーザーのプライバシー確保にはこだわって、位置情報の詳細はゲヒルン側でも把握できないような特殊な仕組みを組み込んだ。

防災アプリなのに、位置情報を不必要に取得して第三者に送信するようなことはあってはならない、というのが石森さんの信念だ。

防災情報事業を続けていくためのビジネス化の鍵

ゲヒルンのロゴ

石森さんは、当面、特務機関NERV防災アプリを無償提供し続けるつもりだ。有料課金も検討にはあるものの、あくまで「特別な機能開放」で、大半の機能は無償を継続する考えでいる。

撮影:伊藤有

こう聞くと、誰もが疑問に思うのが「この防災事業に継続性はあるのか」ということだろう。

実際、Twitterの特務機関NERVアカウントの運営を通じて、石森さんはかなりのコストを開発・運用に投下し続けてきた。

写真撮影NGのため見せられないが、たとえば震度計は独自に基板を起こし、また日本各地の協力者が設置する定点カメラも独自のアイデアを盛り込んだ特殊なもの。

さらに定点カメラの映像は、携帯回線(LTE)接続で24時間365日、サーバーに情報を送り続けている。月間通信量は1台あたり300GB(トータルで月間3TB)にもなり、もちろん通信費がかかる。

これらは現状、ゲヒルンの主力事業の収益で支えている。

社内に設置した定点カメラのダッシュボード画面

社内に設置した定点カメラのダッシュボード画面。各地の映像が24時間365日、送られてくる。独自に構築したシステムで、今後、拡充を検討している。

撮影:伊藤有

石森さんは防災情報事業の収益化について、テレビ局やラジオ局、大手ポータルサイトへの情報提供がようやくビジネス化できると見込んでいる。

実際、テレビ、ラジオから導入検討の問い合わせがあるほか、ライブドアニュースへの情報提供はすでに開始している。

ゲヒルンの防災情報配信インフラ化のサービス概念図

ゲヒルンの防災情報配信インフラ化のサービス概念図。防災情報インフラとして、B2Bを中心とした需要を見込む。

撮影:伊藤有

放送事業者などからゲヒルンのシステムが評価されている理由を、石森さんは「防災情報の“単なる横流し”ではないからだ」と語った。

「気象庁データを再配信するような会社は山ほどあります。でも、それを絵に変えたり、地図におこしたり、音(音声読み上げ)に変える事業者はこれまでほとんどなかった。

それをまるっと全部(ゲヒルンなら)できる。だから、ライブドアニュースさんや放送局が使いたいと言ってくれる」(石森さん)

たとえば、速報の音声合成は、気象庁データを受信後わずか「約2秒」で生成・配信される。深夜に待機したアナウンサーが読み上げるより圧倒的に速い。

この音声読み上げ機能は、特務機関NERV防災アプリにも、近日のアップデートで追加する予定だという。

世の中の「防災」をよくしていきたい

ゲヒルン代表取締役の石森大貴さん

執務室は、エヴァンゲリオンにならって「司令室」。取材時は特別に、その中も案内してくれた。

撮影:伊藤有

社内の休憩スペースの一角には今もエヴァグッズのコーナーがある。

社内の休憩スペースの一角には今もエヴァグッズのコーナーがある。

撮影:伊藤有

定点カメラ用の輸送箱(カメラも箱も非売品)。誰に見せるわけでもないこういう箱のデザインにもこだわるところは、いかにも生粋のファンらしい。

定点カメラ用の輸送箱(カメラも箱も非売品)。誰に見せるわけでもないこういう箱のデザインにもこだわるところは、いかにも生粋のファンらしい。

撮影:伊藤有

この記事を書いている間にも、地震などの災害をTwitterの「特務機関NERV」は配信し続けている。75万フォロワーになった現在でも、「ジョークアカウントのようなNERVの情報はうさんくさい」と思っている人は、正直まだいる。

しかし、石森さんは、そうした声はまったく気にしていない。

ゲヒルンの防災事業の活動の目的は「世の中の防災をよくしていくこと」。

速さ、わかりやすさは当然として、「有事の際に自分で考え判断して行動できる防災リテラシーを高めることが必要だ」という強い信念を石森さんは持っている。

特務機関NERV防災アプリの最初の特記事項の一文には、おや?と思う一節がある。

nerv_gehirn-8

特記事項には「自らの命を守ることに対して、行政やメディアの報道、本アプリなどの情報に依存しないでください」という一文をあえて盛り込んだ。

撮影:伊藤有

行政やメディアの報道、本アプリなどの情報に依存しないでください」と書いたのだ。これは、アプリの情報を盲信せず、自分の情報網を駆使して判断してほしい、という考えからだ。

巨大地震のような、誰も体験したことのない危機的な災害時には、人間が想定できないことが起こる。

その局面で信じられるのは、極端な話、自分自身の判断だけ。地震や台風災害が活発化するなかで、これは日本全国の多くの人が災害から学んだ教訓だ。

正しい判断をするため、正確な情報を、技術の限界まで「速報化」して伝える。

「特務機関NERV防災アプリ」のスピードへのこだわりは、被災地と深いつながりを持つプログラマーだからこその強い執念で作り上げられている。

■「特務機関NERV防災アプリ」のダウンロードはこちらから

(文、写真・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み