就寝前にSNS、TV、スマホを止めてみた ── それは想像以上に困難だった

筆者は、毎晩1時間テクノロジーから離れることを達成できて驚いた。。

筆者は、毎晩1時間テクノロジーから離れることを達成できて驚いた。。

Milan Ilic Photographer/Shutterstock


  • 私は就寝前のテクノロジー関連のよくない3つの習慣(ソーシャルメディアの利用、テレビの視聴、携帯電話による暇つぶし)を1週間やめた。
  • 時間を制限したので、アクセスできるときは意図的に時間を使うようになった。
  • ネットフリックスとインスタグラムは私を誘惑することはできなかったが、たった1時間でもテキストメッセージのやり取りをしないでいるのはとても難しく、何度も失敗した。

毎晩、寝る前に何かしようと考えている。しかし、いつも私はインターネットという流砂の中に落ち込んでいく。

編集者が、生産性の実験として、寝る前の1時間にソーシャルメディア、テレビ、携帯電話をすべて断ってほしいと依頼してきた時、私はそのチャンスに飛びついた。

1時間退屈するという考えは、すばらしいと思えた。お皿を洗う、もっと文章を書く、明日の弁当を用意するなどの仕事は、あらゆる娯楽をやめてしまえば、魅力的に思えるだろう。

私は新しくケトダイエットを試していた時のようなめまいがした。今回はそれよりずっといいはずだ。

それに、これは朝飯前だろう。この記事を読んでいる人は、おそらく私と同じような人だ。自己改善の鬼で、私の嫌いな7日間の挑戦を一度もしたことのない。

ファストファッションや数カ月続けたランニングを止めるのと比べて、これは本当にそんなによいことなのだろうか? どちらかというと、1時間では違いがわからないし、報告することもないのではないかと心配になった。仮説が無に帰したことについて読みたい人がいるだろうか。

そろそろ初日に失敗したと言うのにいいタイミングでしょう。さあ、始めましょう。


月曜日の夜、電話が光るまではすべてが順調だった。

目覚まし時計が動かないことは、携帯電話をオンにしておくための言い訳になった。

目覚まし時計が動かないことは、携帯電話をオンにしておくための言い訳になった。

Sara Lepley

午後11時に就寝するので、テクノロジーは午後10時に止めることになる。月曜日、私は通常、遅くまで仕事をして、それからオフィスの近くの道で長い距離を走る。通常のルーティーンを実行し、家に帰ったら、すでに午後10時近くだった。

電話を使わないということは音楽を聞かないという意味だ。午後10時に近づくと、曲をより慎重に選び始めた。最後にかけた曲が夜のムードを決める。

まず最初に、子どもの頃に使っていた置き時計にアラームを設定しようとした。それがうまくいかなかった時、アラームのために私の携帯電話が必要であることに気がついた。だから電源は入れたままにしておくべきだ。(間違いその1)

次に20分間ヨガをするつもりでマットを広げた。私の時計、つまりiPhoneを見ると、私にはたった8分間しかないことを知らせてくれた。わかった、読書にしよう。

本を読んでいると、電話が光った。メッセージに答えないのは失礼だよね? 私の友人の多くは遠くに住んでいるし。いつものように少しずるをした。やり取りが途切れたら、おやすみなさいと言おう。(間違いその2)

午後11時にすみやかに消灯しても、私の電話は光り続け、それは夜中まで続いた。なんと言ったらいいだろう。私は弱い。

火曜日、私は腰を落ち着けて仕事を終わらせようと決めた…結局、夜遅くまで起きていた。

音楽を聞きながら洗濯するのはとても簡単なので、テクノロジーをオフにする前に始めた。

音楽を聞きながら洗濯するのはとても簡単なので、テクノロジーをオフにする前に始めた。

Sarah Lepley

ふらふらして目が覚めた。前夜のメールは関係ないと思う。

そのことを後悔する代わりに、前の晩にできなかったことに罪悪感を感じた。毎日、着替え、化粧品、昼食、コーヒー、地下鉄用の本などを用意して仕事に行かなければならない。この実験は、このバッグを朝ではなく仕事の前の晩に用意する完璧な理由になった。

私に朝の時間に余裕ができたか。もちろんノーだ。

今朝、着ようと思っていたドレスに必要な下着が見つからなかったので、服を交換して詰め直さなければいけなかった。仕事に行くために食器をシンクに入れた。私は昨夜の8分間でヨガができなかったせいにした。

火曜日の夜、私は別のアプローチを試みた。午後10時以降にインターネットが使えないということは、仕事のデータを保存できないので、できるだけ早く終わらせる必要があった。家の掃除や運動もしたかったので、音楽が聴けるうちにやろうと思った。

夜を後から何かをすることができる広大な時間として見る代わりに、すぐにすべてを片付けたい衝動に駆られたが、少しやりすぎた。午後10時が過ぎたとき、生産的であることをやめたくなかった。その代わり、寝る時間を1時間遅らせた。(間違いその3)

寝る時間を変えたことへの罪悪感からか、私は自分の一番嫌いな仕事を始めた。

朝の時間を節約するために、夜に髪を乾かすのは嫌いなのだが、火曜日の夜にはブローした。それから、翌朝のために荷物をバッグに詰めて、コーヒーを淹れたが、まだノーテクノロジーの1時間が残っていることに気づいた。その間、私はもちろんずっと友人とメールをしていた。

このような生産性の高い時間を終わらせるために、読書をすることにした。携帯電話をサイレントモードにしていたにもかかわらず、メッセージが着信した振動を感じた。

シャワーからしずくのような音がするのに気づいたが「漏れやすい蛇口の修理」を検索する衝動を抑えた。それと、朝の運動の方が夜の運動よりもカロリー消費量が多いのではないかと思っていたが、Googleでは調べなかった。結局、私は眠ってしまった。


火曜日の夜遅くまで掃除、食事の準備、運動をした。翌朝は寝坊したが、その日は気持ちよく過ごせた。

前の晩に髪を整えて、荷物を準備したので、寝坊しても仕事に遅れなかった。

前の晩に髪を整えて、荷物を準備したので、寝坊しても仕事に遅れなかった。

Sara Lepley

誰がアラームをかけたかは気にしなかった。私の髪はすでにスタイリングされていて、バッグには荷物が詰まっていて、家はミントとレモンの香りが心地よかった。よかった。今日は忙しい一日になりそうだ。仕事が終わった後、幸せな時を過ごした。地元の環境保護団体のための会合を開き、それから友人を家に招いた。それはテクノロジーを拒絶するには理想的な時間だった。

午後10時になると、私はノートパソコンやテレビからは離れていたが、メールを送り続けた。友人が無事に帰ったかどうかは確認したほうがいいだろう。

明日の夜は、オープンマイク・コメディショーに出演する。一緒に参加しようとしている友人と予定を確認した。最後のテキストを送った後、私は眠りに落ちた。

木曜日にオープンマイク・ショーを行った後、夜の残りの時間はテクノロジー禁止のルールに集中できなかった。

私は新しい本を読み始めるが、ほとんど読み終わらない。本棚にある本のいくつかを読み終えることが、この挑戦の大きな目標だった。

私は新しい本を読み始めるが、ほとんど読み終わらない。本棚にある本のいくつかを読み終えることが、この挑戦の大きな目標だった。

Sarah Lepley

木曜日にオープンマイク・ショーを行った後、夜の残りの時間はテクノロジー禁止のルールに集中できなかった。

その夜、コメディーショーから戻ってきた私の本能は、お気に入りのコメディアンのインタビューを見て、アドバイスを得たり、検証することを求めていた。司会者にメールして、次のオープニングのやり方について聞いてみようか。ショーの後、ある男性が私の電話番号を聞いてきた。返事をすべきだろうか。

答えはノーだ。残念なことに、私はノートパソコンと電話を置いてきて、代わりに本を持ってきていた。

金曜日には、夜に本を読むことが、一日の残りの時間を輝かせる効果があることに気づいた。

面白い本は正義だ。夜に読むと、次に何が起こるかを知りたいので、日中にもっと読んだ。

面白い本は正義だ。夜に読むと、次に何が起こるかを知りたいので、日中にもっと読んだ。

Sara Lepley

夜に本を読んだことで、もっとたくさん読めるようになった。毎晩、本を読むために時間を割いているうちに、私はいくつかの本のツボに入り込んでしまった。列に並んだり、地下鉄に乗っていたりするような穏やかな時には、ソーシャルメディアよりも本を開きたいと思った。

仕事の後、友達と出かける前に昼寝をすることにした。昼寝は結局朝まで続いた。明らかに、安らかな睡眠はこのプロジェクトの成果ではない。ヨガのせいにし続けよう。

穏やかな土曜の夜、ネットフリックスに夢中になる代わりに、私はもっと本を読みたいと思った。

暑くて湿気の多い街を走った後、映画を見るのは素敵なこと。でも、映画を見終わる前に止めなければならないかもしれないので、代わりに本を読むようになった。

暑くて湿気の多い街を走った後、映画を見るのは素敵なこと。でも、映画を見終わる前に止めなければならないかもしれないので、代わりに本を読むようになった。

Sara Lepley

土曜の夕方にランニングをした。ワシントンDCの8月の暑さは、我々を疲れさせる力がある。週末は帰省の計画がなくなったので何の予定はなかった。映画を1、2本見るには、すばらしい夜だが、午後10時までには寝るようにしよう。私にとってはほとんど真夜中だ。

テクノロジーの制限時間に達する前に映画が終わらなかったら、映画を見始めた意味はあるのだろうか。私はまた、夢中になっていた本を読み始めていた。各章の終わりには明確な結末があった。ソーシャルメディアのような無限スクロールや自動再生はない。

私は1週間ずっとテキスト・メッセージを控えて、昼間は遠くの親友2人に電話する時間を作り、日曜日には社交の予定を入れた。翌朝はアラームで目覚める必要がなかったので、今週初めて電話を完全にオフにして寝た。

日曜日は真の勝利を感じた。友人との夕食から帰ってきても、携帯電話を使う気にはなれなかった。

やっと電話なしで眠れるようになったとき、私の新しい猫は、真夜中を遊びの時間だと決めた。

やっと電話なしで眠れるようになったとき、私の新しい猫は、真夜中を遊びの時間だと決めた。

Sara Lepley

テクノロジーが使える時間は1時間しか残っていないのに、なぜチャットしたり、映画を観たりしなかったのだろうか。その日、私はとても恥ずかしがり屋の子猫の母親になったので、ベッドの下に隠れている小さな猫を世話することに専念した。

食事の準備や刺繍の勉強など、夜のタスクをいくつかキャンセルした。でも、結局は皿洗いをして、次の日に着るものを探した。

私は週末に十分睡眠がとれることに感謝していた。携帯電話をサイレントモードにしていたので、すぐに寝てしまった。

このような7日間または30日間のチャレンジは、あなたの人生のニーズを見つけるのに役立つので、強くお勧めする。

毎週はやらないが、年数回はテクノロジーオフをやる価値はある。

毎週はやらないが、年数回はテクノロジーオフをやる価値はある。

Unsplash

私の1週間のチャレンジは完了した。他の人も同じようなチャレンジをお勧めする。人生の中で必要なものを見つける手助けになるからだ。

例えば、毎晩電話を切った後、遠く離れた友人との時間を切望していることに気づいたので、メールを止めることが難しかった。でも昼間にやり取りしていると、夜になって携帯の電源が切りやすくなり、レム睡眠のサイクルがよくなったと思う。

ネットフリックスやツイッターのような時間の浪費については、それらがなくなっても困らないことに気付いた。

毎週やるかどうかはわからないが、四半期ごとくらいにやって、ゆっくりとしたペースでテクノロジーとの関係をチェックしようと思っている。

[原文:I gave up 3 of my worst nighttime tech habits for one week — and it was harder than I ever expected

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み