夏休み明け、転職を考え始めたあなたに役に立つかもしれない厳選5本

働く人。

ゆっくりと人生を見つめ直す時間ができる夏休みが明けると、転職を考える人が多いそうです。「人生100年」と言われる時代、あなたはどのように自分のキャリアをデザインしていきますか?Business Insider Japanが掲載した記事の中から、キャリアチェンジを考えているあなたへのアドバイスになるかもしれない5本を選びました。

3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある、その理由とは

家族。

人材サービス会社の調査によると、3人に1人が「夏休み・お盆明けに転職を考えたことがある」そうです。

Learn more?


平均年齢30歳のIT企業に入社した還暦の大工。「1カ月お試し」のつもりが一瞬でなじんだ理由

シニアと若手。

ひ孫までいる「なべさん」は、なぜ還暦目前でIT企業の新入社員になったのでしょうか?そして、どうやって若い同僚たちと融和しているのでしょうか?

Learn more?


波平さんの人生設計はもうムリ。「70歳まで働く社会」の真の課題は「細く長い働き方」

年金手帳。

深刻な少子高齢化のあおりで年金制度の将来は厳しく、「これまでより長く働く」ことを迫られる人が少なくなさそうです。「平均値で見れば、70歳まで働く社会はほぼ実現している。むしろ働き方を『太く短く』から『細く長く』へ変えていくことの方が重要だ」と主張するエコノミストに話を聞きました。

Learn more?


迫る「定年レス時代」は若手とバブル世代にとってハッピー?

働く人。

終身雇用や年功賃金を柱とする「日本型雇用」が崩れつつあるなか、働き手も企業も変化を迫られています。さて、どうすれば?

Learn more?


あえて会社に残る。博報堂“1円雑誌”を作った編集長の「会社の使い倒し方」

雑誌。

会社員が仕事でやりたいことを実現するための方法は、「辞めて転職する」ことだけではありません。「会社を使い倒す」。言うほど簡単ではありませんが、一例を紹介します。

Learn more?

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み