【全米オープン】大坂なおみ、ストレートで3回戦進出を決めたのは、NBAの元スターを「太陽の下にあまり長く座らせたくなかった」から

観戦中のコービー・ブライアント、コリン・キャパニック

Danielle Parhizkaran/USA Today Sports

  • ニューヨークで開催中の全米オープンで、大坂なおみ選手がマグダ・リネッテ選手を6-2、6-4で破り、3回戦進出を決めた。
  • 試合後、大坂選手はNBAでプレーしていたコービー・ブライアント氏とコリン・キャパニック氏が自身のファミリーボックスから応援してくれていたことがモチベーションになったと語った。
  • 大坂選手は「彼らを太陽の下にあまり長く座らせたくなかったの」と言い、「それが心の中にあったから、第3セットは本当にプレーしたくなかった」と話した。

2018年、全米オープンでセリーナ・ウィリアムズ選手を決勝で破って、女子テニスのトップ選手の仲間入りを果たした大坂なおみ選手。日本人選手として初めてグランドスラムのシングルスのタイトルを獲得した。

2019年、大坂選手を取り巻く環境は少し変わった。彼女はスポーツ界の大スターの1人であるだけでなく、有名アスリートたちが彼女のファンであることを公言する存在になった。

8月29日(現地時間)、ニューヨークで開催中の全米オープンで、大坂なおみ選手はマグダ・リネッテ選手を6-2、6-4で破り、3回戦進出を決めた。その試合を、NBAのレジェンド、コービー・ブライアント氏と、元クォーターバックで現在は活動家のコリン・キャパニック氏が、彼女のファミリーボックスから観戦していた。

大坂なおみ

Al Bello/Getty Images

これほどの有名人が応援に駆けたことについて聞かれると、大坂選手は自分が心配していたのはプレッシャーではなく暑さだと語った。

「プレッシャーには感じなかったわ。でも、いいプレーがしたいとは思った」と、大坂選手は試合後のインタビューで語った。「ちょっと変な気分ね。コービーがわたしのボックスに座っているなんて、去年は全く考えられなかった。キャパニックもね。人生にはどんな出会いがあるか、本当に分からないわ」

「わたしにとって、これはプレッシャーではなかった」と大坂選手。「ただ、彼らを太陽の下にあまり長く座らせたくなかったの。それが心の中にあったから、第3セットは本当にプレーしたくなかった」と続けた。

大坂選手はこれをコートでも証明した。比較的余裕をもって第1セットを取ると、第2セットは0-3から逆転。第3セットに突入することなく、6-4で試合を決めた。

ゲストの2人も、感謝しているだろう。

[原文:Naomi Osaka won a US Open match in straight sets because she didn't want guests Kobe Bryant and Colin Kaepernick to 'sit in the sun too long'

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み