メキシコのペニャニエト大統領 「わたしがトランプ氏に言ったことを繰り返そう。メキシコが壁の費用を出すことは絶対にない」

Paul Ryan

ドナルド・トランプ氏はワシントンのキャピトルヒルにあるハウスライターのポールライアンと会談した。

REUTERS/Joshua Roberts

複数の共和党議員の話によると、トランプ政権はメキシコとの国境の壁の建造費用の捻出を議会に頼むことになるだろうと、1月5日木曜日(現地時間)にPoliticoCNNが報じた。

このような動きは、大統領選挙戦におけるトランプ氏の重要な選挙公約に反するものだ。

報道によれば、トランプ氏と共和党議員団は、ジョージ・W・ブッシュ大統領が定めた2006年の法律を通じて、700マイルに及ぶ国境ラインの壁の建設に税金を使う策を検討している。

CNNはウェブサイトで、共和党議員団の関係者が早ければ4月にも施策が取り上げられると話していることを伝えた。

国境に壁を作る、そして費用はメキシコ側が負担すべき、という主張は、トランプ氏の大統領選挙選の大きな柱の1つだった。この問題では、トランプ氏がメキシコのペニャニエト大統領と昨年8月に会った際に話し合ったとする内容について2人の公式発表が食い違っており、両者の間に強い不協和音をもたらした。

会談の後、米国に戻ったトランプ氏は、ペニャニエト大統領とは費用について話さなかったと述べたのに対し、ペニャニエト大統領はすぐに「私が彼に言ったことを繰り返そう。メキシコが壁の費用を出すことは絶対にない」と反論した。

トランプ氏は昨年10月末の演説では、壁の費用は米国が出すが、メキシコに償還を求めていくとして、自身の考えを修正している。

[原文:Trump wants taxpayers to pay for the US-Mexico border wall

(翻訳:十河亜矢子)

関連記事

Business news