米中貿易戦争はiPhoneの価格に影響しなかった、今のところは

5d77f1332e22af13126c0036-960-480-1

Apple

  • ドナルド・トランプ大統領による、中国輸入品関税の15%引き上げは、アップルの価格戦略に影響しないようだ。
  • 9月10日(現地時間)、アップルは2019年のiPhoneの新モデルを価格とともに発表した。
  • iPhone11は700ドル。昨年の同等モデル、iPhone XRの750ドルより50ドル安い。
  • iPhone 11 Proは、2018年に発売されたiPhone XS(1000ドル)とiPhone XS Max(1100ドル)と同じ価格。
  • 関税引き上げ12月まで発動しないと言われている。12月以降、アップルが追加関税のコストを製品に転嫁するのかは不明。
  • 2018年、iPhoneの販売が減少したが、これはiPhoneの価格上昇が原因だと言う人もいる。

アップルは、700ドルのiPhone 11、1000ドルのiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxを、カリフォルニア州クパチーノのスティーブ・ジョブズ・シアターで開かれた9月の恒例イベントで発表した。

iPhone 11は、昨年の同等モデルで750ドルのiPhone XRより、50ドル安い。iPhone 11 Proは、2018年に発売されたiPhone XSとiPhone XS Maxと同じ価格。

最も安いモデルの価格を下げ、高いモデルはそのまま維持しているのは、アップルを含む中国輸入品に対してドナルド・トランプ大統領が課す15%の関税引き上げの影響があると、ブルームバーグは報じた

トランプ大統領による関税引き上げは、12月まではアップルのiPhoneの価格には影響しないと言われている。実際にアップルは新しいiPhoneの価格に追加関税分を上乗せしていないようだ。関税引き上げが発動する12月に、アップルがiPhonesの価格を引き上げるか、あるいは同社がコストを負担するかは、不明だ。モルガン・スタンレーのアナリストは、アップルが関税を負担する可能性が高いと、5月の報告書で述べた

2019年にiPhoneの売上は減少しており、これはiPhoneの価格が上がったからだと言う人もいる。関税引き上げがあるにもかかわらず安いiPhoneを販売すれば、販売数が回復するかもしれない。

アップルのティム・クックCEOは関税引き上げに断固として反対しており、アップルなどのアメリカ企業に損害をもたらし、サムスン電子などの韓国の競合企業を手助けすることになると示唆している。


[原文:Apple's new iPhone 11 is $50 cheaper than last year's model, despite the fact that Trump's tariffs would make it more expensive for Apple to build than ever

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み