BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

世界初「人工流れ星プロジェクト」は好奇心から生まれた。宇宙ベンチャーが描く未来

| Tech Insider

Sponsored

Mugendai_1908ALE_ogp

株式会社ALE 代表取締役社長/CEOの岡島礼奈さん。「人工流れ星」でエンターテインメントと宇宙をつなげる岡島さんが描く、宇宙ビジネスの未来とは。

星の綺麗な生まれ故郷「星取県」(鳥取県)で育ち、小学生で手塚治虫監修のマンガ『アトム博士の相対性理論入門』、中学生になると『ホーキング、宇宙を語る』を読み、心を動かされた。東京大学で天文学を学ぶようになった岡島礼奈さんは2001年、「しし座流星群」を目にし、その美しさにすっかり魅了されたという。

「夜空をキャンバスに、人工の流れ星を描く」

当時抱いたひらめきを胸に2011年、岡島さんは宇宙ベンチャー「株式会社ALE」を立ち上げ、8年が経過した。近い将来、同社が手がける人工流れ星が、夜空を彩る予定だ。

実現に至るまでのこの間、日本の宇宙ビジネスを取り巻く状況はどう変化したのか。サスティナブルな地球環境を考える時代においての宇宙研究、さらにはその根底にある基礎科学の果たす役割とは?

エンターテインメントと宇宙をつなげる岡島さんに、これからの宇宙ビジネスについて聞いた。

岡島礼奈:株式会社ALE 代表取締役社長/CEO。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻にて博士号(理学博士/天文学)を取得。2011年に株式会社ALEを創業。世界初の「人工流れ星」実現へ向け事業を推進。「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」を会社のMissionに掲げ、今後はエンターテイメント事業で構築した技術や知見を他領域で有効活用することにも注力。従来取得できなかった高度宇宙環境データを関連機関・企業へ提供するなどサイエンス領域への貢献を目指す。

Related articles