JR西日本Gがモバイルオーダーのベンチャーに“数億円”出資。JR東・西・九州3社での本格キャッシュレス実証へ

showcasegig_jr

ショーケース・ギグのリリース文。

出典:Showcase Gig

モバイルオーダープラットフォーム「O:der」(オーダー)を展開するShowcase Gig(ショーケース・ギグ)はJR西日本グループと資本業務提携を結んだことを公表した。出資はJR西日本グループのCVCであるJR西日本イノベーションズが担う。出資金額は非公表。関係者によると数億円規模と見られる。

Showcase Gigは今回の増資の目的を「JR西日本グループにおける商業施設の待ち時間短縮・利便性向上の推進、およびJR西日本エリアでの導入店舗拡大によるショーケース・ギグの企業価値向上」としている。

Showcase Gigは2018年9月以降、JRグループとの資本業務提携や実証を重ねてきており、JR東日本スタートアップ社、JR九州グループに続き、今回のJR西日本グループがJRグループ3社目の資本業務提携となる。

広報担当者によると、スタートアップ企業でJRグループ3社と資本業務提携をした初の事例だという。

JRグループの狙いは「2020年、そしてインバウンド対策」か

shutterstock_739881046

いわゆる「売店」以外の駅ナカ業態は多様。駅弁やお土産、飲食店を一定程度、セルフ決済化できれば、人手不足の解消につながる。またキオスク端末での決済なら英語など多言語対応もしやすい(写真はイメージです)。

Shutterstock

Showcase Gigの強みは、国内のPOSレジ大手東芝テックと連携することで、アプリによるモバイルオーダーと専用のSuica対応のセルフ注文端末「O:der Kiosk」での決済(売り上げ)情報を、店舗の既存POSレジシステムと一気通貫にネットでデータ連携できることだ。

POSレジと連携可能なことで、モバイルオーダーやテイクアウトアプリなどの「レジ以外の決済」のデータを手作業で2度打ちする手間が省けるため、店舗側のリソースの負担が少なくて済む。

すでに実施している実証では、

  • 2019年1月 【JR東日本グループ】首都圏の駅ナカ9店舗でのモバイルオーダーの実証開始(その後12店舗に拡大)
  • 同年4月 【JR九州グループ】九州の駅ナカ店舗でモバイルオーダーの実証開始
  • 同年8月 【JR東日本グループ】「R・ベッカーズ池袋東口店」へのセルフ注文決済端末の導入

といったものがある。

order_kiosk

9月上旬からR・ベッカーズ池袋東口店で実証稼働が開始しているセルフ注文端末「O:der Kiosk」。Suicaなどの交通系電子マネーのほか、クレジットカード決済に対応。

出典:Showcase Gig

セルフ注文端末の導入実証は始まったばかりだが、同広報によるとスタート直後から好調な利用が進んでおり、手応えを感じているという。

セルフ注文端末では現状、会員登録などが不要なため、モバイルオーダーと合わせて、導入店舗のレジ担当の省人化とキャッシュレス化、インバウンド客向けの決済手段強化を同時に実施できる形だ。

JR側の導入先イメージとしては、JRグループが各地で展開する駅ナカの飲食店や、駅弁屋、商業施設店舗を想定。同グループが一斉にこうした取り組みを進める背景には、東京2020などを契機とするインバウンド需要増加への素早い対応と、グループをあげたデジタル化の促進が念頭にある。

(文、写真・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み