変わり過ぎ? 大手ブランド、最も大胆なロゴ変更 16

アップル

アップル、1977年のロゴ見直し。

Apple

大手ブランドは、そのロゴを大幅に変えることはあまりしない。

コカ・コーラを考えてみよう。そのデザインは1880年代からほとんど変わっていない。だが、それが効果を生んでいる。コカ・コーラは世界で最も認知度の高いブランドだと考えられている。

だが、全く違う企業が誕生したのかと思うほど、大幅にロゴを変えたブランドもある。9月23日(現地時間)に新しいロゴを発表した米ヤフーがその1つだ。

ロゴを変えることにはリスクもあるが、多くの大手ブランドはそれでも挑戦している。もちろん、うまくいかないこともある。例えば、衣料品小売りのギャップ(Gap)は2010年にロゴを変更したが、顧客の反発を招き、わずか数日後に元のデザインに戻している

ブランド史の中でも、最も大胆なロゴ変更の例を見ていこう。


ヤフー(Yahoo!)

ヤフー

Yahoo!

IBM

IBM

IBM

ペプシ(Pepsi)

ペプシ

Pepsi

フォルクスワーゲン(Volkswagen)

フォルクスワーゲン

VW

アマゾン(Amazon)

アマゾン

Amazon

ウィンドウズ(Windows)

ウィンドウズ

Microsoft

スターバックス(Starbucks)

スターバックス

Starbucks

アウディ(Audi)

アウディ

Audi

アメリカン航空(American Airlines)

アメリカン航空

American Airlines

フェデックス(FedEx)

フェデックス

FedEx

アップル(Apple)

アップル

Apple

シェル(Shell)

シェル

Shell

ノキア(Nokia)

ノキア

Nokia

フィアット(Fiat)

フィアット

Fiat

マツダ(Mazda)

マツダ

Mazda

コダック(Kodak)

コダック

Kodak

[原文:Yahoo! has a new logo, and it's a far cry from what it used in the '90s. Here are 16 of the most drastic logo changes in branding history.

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み