リフォーム済み、広く明るいキッチン、ルーフデッキ…サンフランシスコで大富豪が求めるのはこんな家

サンフランシスコ

Open Homes Photography

  • サンフランシスコはテック界の大富豪たちのホーム。彼らが望むのは、高収入に見合った豪華な家。
  • こうしたラグジュアリーなクライアントを持つ不動産業者によると、サンフランシスコ近隣では、例えばアサートン、パシフィック・ハイツ、ロシアン・ヒルが人気の街。
  • こうした地域を検討している買い手のほとんどが、モダンな設備とプライベートな空間を備え、すぐに入居できる家を望んでいる。

高収入でストックオプションもあれば、家の購入を検討するだろう。

サンフランシスコの住宅市場はアメリカで最も高価な市場の1つ。もっとも、ハイエンドな買い手は皆、支払う金額相応の要求をする。

新設の、データにフォーカスした不動産仲介業者、アトラス(Atlasa)の創業者、デニス・カラマナー(Deniz Kahramaner)氏によると、テック界の大富豪たちはノー・バレー/ミッション・ドロレス地区やプレシディオ・ハイツ/ロシアン・ヒル地区を好む傾向にある。

2019年これまでのところ、グーグル(Google)、ジュール・ラボ(JUUL Labs)、ポストメイツ(Postmates)その他、有名企業の幹部たちが、パシフィック・ハイツやロシアン・ヒル地区に家を購入している。ドアダッシュ(DoorDash)、リフト(Lyft)、インスタグラム(Instagram)などの幹部は、ミッション・ドロレスや、ノー・バレー、ユリーカ・バレーに購入しているとカラマナー氏は言う。

同氏の説明では、テック界の大富豪たちは、エドワード様式やビクトリア様式といった歴史がありながらも、モダンにアップグレードされた物件に魅力を感じている。一流私立学校へのアクセスが良い物件も人気だ。

サンフランシスコのテック界の大富豪たちが家に求める条件を見てみよう。

修理が必要な家を購入し、引っ越して修理する時間のあるテック界の大富豪は、ほとんどいない。そうではなく、すでにリフォームされている家を購入することが多い。

修理が必要な家を購入し、引っ越して修理する時間のあるテック界の大富豪は、ほとんどいない。そうではなく、すでにリフォームされている家を購入することが多い。

Open Homes Photography


清潔感のある、モダンな仕上げが人気。

清潔感のある、モダンな仕上げが人気。

Open Homes Photography


不動産仲介業者のメアリー・ポープ=ハンディー(Mary Pope-Handy)氏は、シリコンバレーでテック界の買い手に対応して20年以上になる。同氏によると、テック界の大富豪は通常、光あふれる「広くて、ラグジュアリーなキッチン」を探している。

不動産仲介業者のメアリー・ポープ=ハンディー(Mary Pope-Handy)氏は、シリコンバレーでテック界の買い手に対応して20年以上になる。同氏によると、テック界の大富豪は通常、光あふれる「広くて、ラグジュアリーなキッチン」を探している。

Open Homes Photography


新しいキッチン家電はよくある条件。買い手には新しい物を買う時間がないからだ。

新しいキッチン家電はよくある条件。買い手には新しい物を買う時間がないからだ。

Open Homes Photography


リフォーム済のバスルームもマスト。

リフォーム済のバスルームもマスト。

Open Homes Photography


ポープ=ハンディー氏によると、買い手は光あふれる家を探している。

ポープ=ハンディー氏によると、買い手は光あふれる家を探している。

Open Homes Photography


機械設備が新しく、リフォーム済なら、すぐに入居できる。

機械設備が新しく、リフォーム済なら、すぐに入居できる。

Open Homes Photography


テック界の買い手は、高い天井と、ペットや子どもたちがいても十分な広さを好む。

テック界の買い手は、高い天井と、ペットや子どもたちがいても十分な広さを好む。

Open Homes Photography



買い手の多くが探しているのは一戸建てで、テック界でマンションが占める割合はわずかだとカラマナー氏は言う。

買い手の多くが探しているのは一戸建てで、テック界でマンションが占める割合はわずかだとカラマナー氏は言う。

Open Homes Photography


ポープ=ハンディー氏によると、フローリングの床が人気。

ポープ=ハンディー氏によると、フローリングの床が人気。

Open Homes Photography


オープン・フロアで、娯楽のためのスペースのある作りが人気だという。

オープン・フロアで、娯楽のためのスペースのある作りが人気だという。

Open Homes Photography


都市部で家が密集している場合は、屋外のプライベートな空間の確保は難しい。

都市部で家が密集している場合は、屋外のプライベートな空間の確保は難しい。

Open Homes Photography


お金のあるテック界の買い手には、屋外空間があって、プライバシーが守られていることがポイント。有名な人物であればなおさらだ、とポープ=ハンディー氏は言う。

お金のあるテック界の買い手には、屋外空間があって、プライバシーが守られていることがポイント。有名な人物であればなおさらだ、とポープ=ハンディー氏は言う。

Open Homes Photography


フェンスで囲まれていれば、完璧。

フェンスで囲まれていれば、完璧。

Open Homes Photography


ルーフデッキもプライバシーは万全だ。

ルーフデッキもプライバシーは万全だ。

Open Homes Photography


美しい眺めの邪魔になるものもない。

美しい眺めの邪魔になるものもない。

Open Homes Photography


さらに、ゲストをもてなす別室にもなる。

さらに、ゲストをもてなす別室にもなる。

Open Homes Photography


モダンなリフォームが人気だが、シリコンバレーの大富豪たちはエドワード様式やビクトリア様式の歴史的な魅力ある家もお気に入り。

モダンなリフォームが人気だが、シリコンバレーの大富豪たちはエドワード様式やビクトリア様式の歴史的な魅力ある家もお気に入り。

Open Homes Photography


ポープ=ハンディー氏によると、買い手はプライバシーを重視し、窓や共有通路のないプライベートな入口を好む。

ポープ=ハンディー氏によると、買い手はプライバシーを重視し、窓や共有通路のないプライベートな入口を好む。

Open Homes Photography


高級不動産を扱うアルバート・ガリバルディー(Albert Garibaldi)氏が注目したのは、転売目的の人が、古い、歴史あるシリコンバレーの家を買い、リノベーションして、そうしたことをする時間のないテック界の大富豪に売る傾向にあるということだ。

高級不動産を扱うアルバート・ガリバルディー(Albert Garibaldi)氏が注目したのは、転売目的の人が、古い、歴史あるシリコンバレーの家を買い、リノベーションして、そうしたことをする時間のないテック界の大富豪に売る傾向にあるということだ。

Open Homes Photography


ミッション・ドロレス地区は、テック企業のオフィスも多いダウンタウンへのアクセスが良好。だが、大富豪の買い手のほとんどが検討するのは、サンフランシスコでも高級住宅地で有名な北端にある物件だ。

ミッション・ドロレス地区は、テック企業のオフィスも多いダウンタウンへのアクセスが良好。だが、大富豪の買い手のほとんどが検討するのは、サンフランシスコでも高級住宅地で有名な北端にある物件だ。

Open Homes Photography



[原文:San Francisco real estate agents reveal most requested features tech workers ask for in buying their multi-million dollar homes

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み