無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


植物由来「ひき肉」をスーパーで販売…ただし値段は2倍以上

インポッシブル・フーズのベジタリアン向け"ビーフ"

インポッシブル・フーズが9月、アメリカのスーパーマーケットで1パック12オンス(約340g)8.99ドル(約970円)のベジタリアン向け"ビーフ"の販売を開始した。

Ben Gilbert/Business Insider

ほとんどのアメリカの食料品店で、牛ひき肉は1ポンド(約450g)で3~8ドル(約320~860円)程度。大抵、1ポンドあたり5ドル(約540円)以下だ。ひき肉の話であって、特上リブロースではないのだから。

それ以上払うことは、ここニューヨークですら、かなり珍しい。筆者はブルックリンで最も高級な肉屋であるザ・ミート・フック(The Meat Hook)に電話しなければならなかった。同社はより人件費のかかる、牛一頭買いを売りにしている。結果、牛ひき肉は1ポンド8ドルだった。

だから、インポッシブル・フーズ(Impossible Foods)が12オンス(約340g)を9ドル(約970円)で販売しているというのは、かなりショックだった。同社が目指すのは、牛肉を自社のベジタリアン向けの「肉」と置き換えることだ。16オンス=1ポンドの牛ひき肉に3ドル払うのとは訳が違う。

インポッシブル・フーズのハンバーガー

筆者が自宅で作り、午後の日差しの中、愛情を込めて写真に収めた、インポッシブル・フーズのハンバーガー。

Ben Gilbert/Business Insider

値段が高いものにはそれだけの価値があると思う人もいる。「幸い、現状の価格でも、さばききれないほどの需要がある」とインポッシブル・フーズのCEO、パット・ブラウン(Pat Brown)氏は9月26日(現地時間)に、ニューヨークで行われた同社のイベントで語った。

同社がベジタリアン向け「ビーフ」を提供しているのは、今のところ一部のスーパーマーケットだけだ。今後、アメリカ全土へと販売する店を増やし、ゆくゆくは国際展開することを同社は目指している。コストを下げて、入手しやすくし、ベジタリアン向け「ビーフ」は牛ひき肉よりもよい選択であるということを大衆に納得させる同社の計画の第一歩だ。

「我々は今まさにスケールアップしているところだ」とブラウン氏は述べた。

「我々の目標は、できる限り早く、アメリカだけでなく、開発途上国でも、世界のすべての人の手の届く価格にすること。だが、すぐにそうはならないし、それまで事業を続けたいのであれば、赤字で売るわけにはいかない」

インポッシブル・フーズの「肉」の人気が高まるに連れ、食品メーカーが同社の環境に優しい食品作りのアプローチに経済的なメリットを感じるようになり、価格もそれに応じて下がるはずだ。これは合理的な計画である。だがその一方で、多くの人々に同社の代替肉を提案するのは難しくなる。


[原文:The Impossible burger has 1 major flaw to overcome: It's nearly triple the price of normal ground beef

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み