まだまだニーズはある?スイスから上陸した“SIMフリーのガラケー”「MP02」を試す

PunktMP02

スイスのメーカーPunkt.が8月に日本で発売したSIMフリーガラケー「MP02」。黒い箱に入っていた。

撮影・大塚淳史

「ガラケー、スマホ、どっち派?」と聞かれ「いまさらガラケー?」と思う人は多いかもしれない。

いやいや、いまも一定の需要がある。スマホ全盛の時代で、さすがにガラケー(またはフィーチャーフォン)の新商品にお目にかかる機会は多くない。それでも、電話やショートメッセージだけしか使わないか、ガラケーで十分、という声が、一部のビジネスマンや高齢者を中心にまだ残ってはいる。

MMD研究所が8月9日から16日に調査した携帯電話に関する最新リポートによると、ガラケーを使っている割合は15.2%だった(母数は総務省人口構成比に基づいた3万7040人で、18歳から69歳の男女を対象)。まだこれだけ利用者がおり、40代が14%、50代が19%、60代26%と、やはり年齢が高くなるにつれて使用率が上がる。

スイスのメーカーが開発した「SIMフリーのガラケー」

PunktMP02-01

MP02の箱の中には本体、USB Type-C対応ケーブル、イヤホン、説明書が入っていた。

撮影・大塚淳史

ガラケー需要の声を感じ取ったのかはわからないが、スイスの独立系電子機器メーカー「Punkt.(プンクト)」が、8月8日から日本でSIMフリーのガラケー「MP02」を発売。公式サイトなどでネット通販、南青山や銀座のCIBONE(シボネ)といった店舗では店頭販売もしている。

先日、手にしたので1週間使用してみた。

MP02の機能は非常にシンプル。主には電話、ショートメッセージ、メモ、電卓、時計くらい。Wi-Fiに接続できるが、暗号キーが必要なタイプにしか接続できない。カフェなどに多いブラウザー経由の接続認証は不可能だ。

ただ、そもそもブラウザーアプリがないので、あまり必要性はないともいえる。Wi-Fiが必要になるのは、結果として、MP02のシステムアップデート時のみというところだろうか。なお、Bluetoothもついている。

機能がシンプルなガラケーではあるが、テザリング機能がついているのは大きな特徴の一つ。タブレットなどとの併用を前提に設計されているという。デザリングすることでタブレットやノートパソコンに使用できる。4G LTEにも対応しているので、速度は速い。

ただし、テザリング機能を使う際はバッテリー残量に注意だ。

使っていない時はバッテリーの減りは遅く、3日は十分持つ。しかし、Wi-Fi経由でデザリングして1、2時間ほど使うと、電池が数十%も減少した。テザリングをするなら、USB接続が良いかもしれない。USBはType-Cを採用している。

BlackBerryのセキュリティーシステムを採用

PunktMP02-03

箱の裏の右上にはBlackBerryのセキュリティシステムが使われていることを示すマークがある。

撮影・大塚淳史

もうひとつ興味深いのがセキュリティーだ。スマホ黎明期に盛り上がったBlackBerryのシステムを利用している。BlackBerry端末以外での採用は初めてだという。

外観も非常にシンプルだ。黒色を基調としていて、ポリカーボネート製ボディーに、耐摩耗性コーティングで仕上げている。手触りは頑丈だ。

デザインは同社のアートディレクターであり、イギリス出身の著名プロダクトデザイナーで知られるジャスパー・モリソン氏が手がける。

文字入力する際のキータッチは、独特だ。ボタンが浮き上がり気味で、さらにクッション性が薄い。文字入力は、一般的なガラケーに比べるとやや力を込める必要がある。

購入を考えている人には、いくつか注意点もある。

1つは価格。テザリング機能があるにせよ、ここまでシンプルであるにも関わらず、販売価格は同社公式サイトで本体価格329ユーロと送料30ユーロで、合計359ユーロ(約4万2400円)、MP02を取り扱う通販サイトの+Style(プラススタイル)やmonoco(モノコ)では税込みで約4万4064円。フィーチャーフォンだからと言って、決して安いわけではないのだ。

強気な価格設定とも思えるが、先行して販売が進む海外でのユーザーのネットの声を調べてみると、やはり「価格が高い」との声が目立った。

日本には少ないSIMフリーガラケー

PunktMP02-04

パスワード設定して再起動した後、この画面が実はパスワード入力画面であることに気づくまでにしばらくかかった。

撮影・大塚淳史

ただ、日本にはSIMフリーのガラケーの選択肢はそう多くない。中古店でSIMロックを解除したガラケーが売られているが、通話のみだったり、使用回線によってはインターネット接続ができなかったり、つながっても4G回線でない低速回線のみもある。MP02はそんな隙間を狙っているのかもしれない。

もうひとつ問題に感じたのが、ユーザーインターフェース。日本語対応はしているが、本体のキーボタンに平仮名は表示されていない。さらに初めて使用してパスワードロックを設定した直後、画面には「Androidを起動するに…」とのみ表示され、その画面が実はパスワード入力画面であることに気づくのに数分かかった。

輸入端末のため日本語化が十分こなれていないのかもしれないが、これはさすがにちょっと改善すべきだと思う。

PunktMP02-05

海外ではシンプルなSIMフリーガラケーが多く発売されている(写真はフランス・パリの店で9月に撮影)。

撮影・大塚淳史

日本はSIMフリーのガラケーの種類が非常に少ない。海外ではいまでも格安シンプルガラケーが普通に店頭に並ぶ。MP02がどこまで日本のガラケー利用者、あるいは新規利用者を得ることができるのか注目ではある。

【MP02の主な製品スペック】

サイズ:51.3(W)×14.4(D)×117(H)mm
重さ:100グラム
表示画面サイズ:2インチ
解像度:320x240(QVGA)RAM:2GB LPDDR3、533MHz
ストレージ:16GB eMMC 4.5
対応SIMなど:nano SIM シングルスロット(1枚刺し)
バッテリー駆動:連続通話4.2時間、最大待受180時間

編集部より:初出時、メーカーの説明に従って店頭販売実施店舗として伊勢丹メンズ館を表記しておりましたが、取り扱いがないとの指摘を受け、本文を修正しております。 2019年11月4日 17:40

(文、写真・大塚淳史)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BI PRIME

【音声付・入山章栄】在宅勤務が促す「ジョブ型雇用」。評価制度や“上司・部下の関係”に起きる変化

経営理論でイシューを語ろう

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み