グーグルは知っていた…ネット上にあったWeWorkへの嫌悪感

Weworkへのネガティブな反応は広告では修復不可能

Samantha Lee/Business Insider

  • グーグルが8月にWeWorkの検索結果について分析したところ、オンラインでの市場心理が非常に否定的で広告では修復不可能だとわかったと、ニューヨーク・マガジン誌のニュースサイト、Intelligencerが報じた。
  • Intelligencerによると、WeWorkのマーケティング責任者は「オンラインでの意見が非常に悪く、グーグルは他社と比較して最も警戒すべき否定的な傾向だと見ている」と同僚へ語った。
  • わずか1カ月で、WeWorkは高く評価されたスタートアップから破産に直面する企業になった。

窮地に立たされているWeWorkのマーケティング責任者は、8月、株式公開で投資家を募る1週間前にグーグルの関係者と会った時、オンラインでのWeWorkに対する市場心理が驚くほど否定的であることを知ったと、9月30日、ニューヨーク・マガジンのニュースサイト、Intelligencerでリーブス・ウィードマン(Reeves Wiedeman)記者が報じた

Intelligencerによると、グーグルはWeWorkの広告プランを検討するため、同社の検索結果について分析したところ、オンラインコミュニティには同社に対する嫌悪感があると気づいた。

ウィードマンの記事によると、WeWorkのマーケティング責任者は同僚へのメールで「WeWorkは同様の状況下にあった他社と比較して、これまで見た中で最も警戒すべき否定的な傾向にあると、グーグルが分析している」と述べた。

Intelligencerによると、このためWeWorkは10年近く成長を続けてきたが、あらゆる否定的なオンラインコンテンツに対応するために広告を打つなら、同社の1週間分のリスティング広告費用がわずか数時間でなくなると、マーケティング責任者は報告した。

8月22日のその会議は、WeWorkの登録書類が証券取引委員会のウェブサイトに掲載され、同社の財政状況が初めて明らかとなって間もなく行われたと、報じられている。

否定的な報道が相次いでいる同社についての話題は、470億ドルの評価額から破産へと移った

ここ1週間で、WeWorkの取締役会はアダム・ニューマン(Adam Neumann)CEOを解任した。従業員は同社を、仕事と遊びの境界がない「終わりのないパーティ」と表現するべく前進したと、Business Insiderは報じた。また9月30日、WeWorkの新しい経営陣はIPOの延期を発表した

Intelligencerによると、WeWorkの評価額は、わずか1カ月前のグーグルとの会議以来、300億ドル以上下がった。同社の株式公開への大望はまだ実現に至っていない。


[原文:Google examined WeWork search results and reportedly found 'the most alarming negative sentiment trends' it's seen for such a company

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み