BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

昆虫料理の第一人者に聞く、昆虫のおいしい料理法

| Life

Sponsored

Entomophagy

バッタのチーズフォンデュ

2050年、世界の人口は約100億人に迫ると言われている。現在の人口が約75億人であることを考えると、30年あまりで25億人も増加すると予測されているのだ。そんな未来を見据えたときに浮かび上がってくるのが「食糧難問題」である。

農地拡大に伴う森林伐採や水資源の大量使用により、地球の環境は刻一刻と悪化している。さらには温暖化による気候変動の影響もあり、急激な人口増加をカバーするだけの食糧生産は困難なものと見られている。

こうした背景から、国際連合食糧農業機関(以下、FAO)は2013年、「昆虫が今後の食糧になり得る」というレポートを発表した。しかし、昆虫を人の食料として考える「昆虫食」は、いまだ好奇の目で見られてしまい、多くの人がそこに眠る無限の可能性に気がついていない。

そんな中、独自に「昆虫食」を研究している人物がいる。昆虫料理の第一人者である内山昭一氏だ。1999年より内山氏が代表を務める「昆虫料理研究会」は、定例試食会を開くなどして昆虫食の啓蒙活動に邁進している。はたして、昆虫食は世界を救うカギとなり得るのか、内山氏に話を聞いた。

内山昭一(うちやま・しょういち):1950年長野県生まれ。昆虫料理研究家、昆虫料理研究会代表、NPO法人食用昆虫科学研究会理事。幼少期より昆虫食に親しみ、1999年から本格的に研究活動に入る。どうすれば昆虫をよりおいしく食べられるか、味や食感、栄養をはじめ、あらゆる角度から食材としての可能性を追究している。著書に、『楽しい昆虫料理』(ビジネス社)、『昆虫食入門』(平凡社)、『昆虫を食べてわかったこと』(サイゾー)、共著に『人生が変わる! 特選昆虫料理50』(山と渓谷社)、監修に『食べられる虫ハンドブック』(自由国民社)がある。

関連記事

Related articles