もう好きじゃない…… 10代の若者が見捨てたブランド ワースト16

ビクトリアズ・シークレット

ジェネレーションZは、ビクトリアズ・シークレットに幻滅?

Dimitrios Kambouris/Getty Images

ジェネレーションZは与え、そして奪う。

若い消費者は、その力で企業を復活させることもできれば、打撃を与えることもできる。パイパー・ジャフレーの10代の若者の消費行動に関する最新調査では、10代の男女の間で急速に人気が低下している16のブランドが判明した。調査はアメリカ42の州、9500人を対象に行われた。平均年齢は15.8歳だった。

調査の結果、アパレル消費は女性の支出の27%、男性の支出の23%を占めていることが分かった。また、女性は男性に比べ、約170ドル(約1万8000円)多くアパレルに支出しているが、アパレル消費全体としては前の年に比べて3%減ったことも分かった。

パイパー・ジャフレーは「全般的にファッションのカジュアル化は続いている」とプレスリリースで述べ、ジェネレーションZが年間売り上げに8億3000万ドルを貢献していると指摘した。

10代の若者が見捨てた16のブランドを、もう着ないと答えた割合が少ない順に見ていこう。


16位 ヴィンヤード・ヴァインズ(Vineyard Vines)

ヴィンヤード・ヴァインズ(Vineyard Vines)

John Lamparski / Stringer / Getty Images

15位 オールドネイビー(Old Navy)

オールドネイビー(Old Navy)

Reuters

14位 ビクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)

ビクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)

Dimitrios Kambouris/Getty Images

13位 アメリカンイーグル(American Eagle)

アメリカンイーグル(American Eagle)

AP Photo/Mark Lennihan

12位 フォーエバー21(Forever 21)

フォーエバー21(Forever 21)

Bethany Biron/Business Insider

11位 ホリスター(Hollister)

ホリスター(Hollister)

Mary Altaffer/AP

10位 アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)

アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)

Reuters

9位 プーマ(Puma)

プーマ(Puma)

Shoshy Ciment/Business Insider

8位 スケッチャーズ(Skechers)

スケッチャーズ(Skechers)

Liu Junfeng/Getty Images

7位 リーボック(Reebok)

リーボック(Reebok)

Budrul Chukrut/Getty Images

6位 エアロポステール(Aeropostale)

エアロポステール(Aeropostale)

Thomson Reuters

5位 アディダス(Adidas)

アディダス(Adidas)

Getty/Carsten Koall

4位 ギャップ(Gap)

ギャップ(Gap)

Reuters

3位 ナイキ(Nike)

ナイキ(Nike)

Reuters

2位 アンダーアーマー(Under Armour)

アンダーアーマー(Under Armour)

Shoshy Ciment/Business Insider

1位 ジャスティス(Justice)

ジャスティス(Justice)

James Leynse/Getty Images

[原文:Teens reveal the 16 clothing brands they're ditching

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み