直径30cmは小さすぎる! 超巨大トイレットペーパーを開発したP&G、さらに大きな「XLサイズ」を投入

トイレットペーパー

かなり大きい……。

Charmin

P&Gの巨大トイレットペーパーは、さらに大きくなっている。

小さいサイズでも通常サイズの約2倍ある「チャーミン・フォーエバー・ロール」を発売したP&Gは、大きいサイズよりもさらに大きい重さ3ポンド(約1.4キログラム)の「XLサイズ」を追加発売した。

P&GがXLサイズの発売に踏み切ったのは、消費者の90%以上がフォーエバー・ロールの大きい方のサイズ(直径12インチ(約30センチメートル)、重さ2ポンド)のトイレットペーパーを選んでいることが分かったからだと、ウォール・ストリート・ジャーナルは報じている。

ちなみに、通常サイズのトイレットペーパーの直径は約5インチ(約13センチメートル)だ。

P&G ファミリーケアのイノベーション・ダイレクター、ロブ・レイナーマン(Rob Reinerman)氏は、「大サイズのロールはゆっくりと徐々に売れるようになるだろうと考えていました。消費者は小さい方から慎重に使い始め、時間とともに大きいサイズを選ぶようになると思っていたのです」とウォール・ストリート・ジャーナルに語った。

「完全に逆でした」

P&Gはフォーエバー・ロールを作るにあたって、自宅の収納スペースが限られている"都会暮らしのミレニアル世代"と"年配の消費者"を念頭に置いたという。

発売当時の広告は、「今は最大1カ月でトイレットペーパーを交換しなければならないでしょう」「フォーエバー・ロールなら、面倒なく交換時期が長くなります。ものすごく便利で長持ちするので、あなたが考えなければならないことが1つ減ります! 」とうたっていた。

フォーエバー・ロールには専用のハードウェアもある。

公式サイトでは、フォーエバー・ロールの「スターター・キット」も取り扱っていて、ステンレス製の独立型もしくは壁掛け型のペーパーホルダーとトイレットペーパー3ロールがセットになって30ドル(約3300円)で販売されている。

[原文:Charmin made a massive toilet-paper roll for millennials that lasts up to 3 months, and it wasn't big enough for them

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み