いつかは起こる巨大地震…カリフォルニアでM8級地震の可能性ある断層に動き

リッジクレスト地震で発生した亀裂。

リッジクレスト地震で発生した亀裂。

Reuters

  • カリフォルニア州南部のモハベ砂漠北縁を走るガーロック断層が、観測史上初めて動いたことについて、新たな論文が警告を発している。この断層は、マグニチュード8クラスの地震を引き起こす可能性がある。
  • ガーロック断層の変化は、7月に発生したリッジクレスト地震によって断層線が不安定になったことが原因だという。
  • この断層のゆっくりとした動きは、「クリーピング」と呼ばれる。
  • だが、研究者はこれが必ずしも巨大地震発生に影響を与えるとは考えていない。ほぼ確実に発生すると見ているからだ。

インフラが崩壊し、停電し、建物が崩壊するようなマグニチュード6.7以上の大地震は、カリフォルニア州全域にいつ発生してもおかしくない。

科学者たちはこの「ビッグ・ワン(巨大地震)」を生きているうちに経験することになるだろうと思っているが、それがいつ、どこで起きるのかはわからない。

今月中旬、カリフォルニアの主要な断層線に沿って、変わった地震活動が感知され、「大きな地震が迫っているのかもしれない」という、いつもの問いかけが沸き起こった。

カリフォルニア州南部のモハベ砂漠の北縁を走るガーロック断層が、観測史上初めて動きを見せたことについて、警告を発する論文が、10月15日に公開された。この断層は、M8クラスの地震を引き起こす可能性があるが、現時点ではゆっくりとした動きを保っている。このような動きを「クリーピング」といい、それが発生する断層を「クリープ断層」という。

論文によると、ガーロック断層の突然の変化は、7月に発生したリッジクレスト地震によって不安定になったことが原因だという。リッジクレスト地震は、ガーロック断層近くの別の断層付近で、7月4日と翌5日の2回にわたって発生。マグニチュードはそれぞれ6.4と7.1だった。

「断層がつながっていることは分かっていた」と、カリフォルニア大学バークレー校の地震研究所ディレクター、リチャード・アレン(Richard Allen)氏はBusiness Insiderに語った。「リッジクレストで発生した2つの地震は、いずれもかなりマグニチュードが高く、発生場所もガーロック断層に極めて近い。そのため、これらの地震が引き起こした応力場の変化が、明らかに影響を与えたと考えられる」

「近くで地震を起こす原因になりうる」

研究者は、宇宙から地球の動きを検出できる人工衛星レーダー画像を使って、ガーロック断層沿いに発生しているクリーピングの様子をとらえた。

「衛星画像は非常に精密であり、地表のごくわずかなゆがみさえ検出できる」と、論文の筆頭著者、ザッカリー・ロス(Zachary Ross)氏はBusiness Insiderに語った。

「レーダーの経路がほんの少し違っても、すぐにわかる」

研究チームは調査の結果に驚いたと、同氏は言う。

「ガーロック断層の動きが何を意味するのか、まだよく分かっていない。こんなことを目撃するのは初めてだ」

カリフォルニア州リッジクレスト近郊を襲った大地震でできた地割れ。

カリフォルニア州リッジクレスト近郊を襲った大地震でできた地割れ。

David McNew/Reuters

地震もクリーピングも、プレートが断層に沿ってずれることで生じる。クリーピングが地震と違う点は、ゆっくりと滑っていくため、振動が生じないこと。地面が盛り上がり、建物やインフラにダメージを与えることもあるが、それでも地震よりましだとアレン氏は述べた。

「クリープ断層は友達のようなもの」と続ける。

「断層がゆっくり動くということは、地震に対するほどの備えはいらないということを意味する」

クリープ断層は、カリフォルニアでは比較的ありふれている。科学者が「ビッグ・ワン」の原因になりうると考えているサンアンドレアス断層も、そのひとつだ。

アレン氏によると、多くの場合、クリープ断層の動きによって、断層のひずみが減少するという。とはいえ「近くで地震を引き起こすことは、大いにありうる」とし、「その過程の物理的な仕組みはまだ分かっていない」と述べた。

クリープ断層は、カリフォルニアでは比較的ありふれている

カリフォルニアではここ数週間、小さな地震が頻発している。また30年前の1989年10月は、ベイブリッジを破壊したM6.9のロマ・プリータ地震が起きている。

10月14日、サンフランシスコ・ベイエリアのプレザントヒルで、M4.5の地震が発生した。これはスーパーの棚からボトルが落ちるほどの強さだった。翌15日、ホリスターではM4.7の地震が発生した。

アメリカ大学間地震学研究連合(Incorporated Research Institutions for Seismology:IRIS)の地質学者、ウェンディ・ボーハン(Wendy Bohon)氏は、最近発生したこれらの地震について「特に心配するようなことではない」とBusiness Insiderに語った。ホリスターでの地震は、サンアンドレアス断層のクリーピングしている場所の近くで発生したと付け加えた。

サンアンドレアス断層。

サンアンドレアス断層。

David McNew/Getty Images

「カリフォルニアで1週間のうちにM4.5級の地震が2回発生するのは、普通ではない」とアレン氏は言う。

「だが、これらの2つの地震による応力変化は最小限だ」

仮に地震によってクリープ断層の動きが活発になったとしても、必ずしも大惨事につながるわけではない。

「サンアンドレアス断層の南端では、地震が発生するとそれに反応してクリーピングが見られることがあった。過去10年で数回見られたが、ある時点でクリーピングは止まった」とロス氏は述べた。

遠くの地震や頻発する小さな地震に注目するのではなく、「ビッグ・ワン」はいつ発生してもおかしくないと想定するのがベストだということに、多くの研究者も同意している。

「規模の大小にかかわらず、地震はカリフォルニアの生活の一部」とボーハン氏。

「備えをするかどうかはそれぞれの個人にかかっている」

[原文:A California fault capable of producing a magnitude 8 earthquake has started 'creeping.' It's not the only one.

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_china.001

高学歴高収入な働きすぎ女性が照準。4億人170兆円の中国版ウーマノミクス市場

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Jun. 22, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

宝槻泰伸・宝槻圭美

探究学舎・宝槻泰伸さん、倒産寸前でも妻の「大丈夫だよ」に救われた

  • 宮本恵理子 [ライター・エディター]
  • Jun. 22, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

karakama_central_bank_germany

独連邦銀行トップの「変節」話題に。中央銀行の気候変動対応に「正当な利益」

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Jun. 22, 2021, 06:55 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み