BI Daily Newsletter

アムトラックは全列車の約3割が遅延…初の黒字には定時運行が必須

アムトラックの列車の運行が停止しているため、ホームに乗客が集まっている。2019年6月19日、ニューヨークのペンシルベニア駅。

アムトラックの列車の運行が停止しているため、ホームに乗客が集まっている。2019年6月19日、ニューヨークのペンシルベニア駅。

REUTERS/Jeenah Moon

  • アムトラックの監査担当は、遅れのない定時運行を増やすことにより、年間4000万ドル(約45億円)以上を節約できると推定しています。
  • しかし、列車の遅延の多くは、アムトラックの業務の大部分である貨物鉄道によって引き起こされている。
  • それでも、2021年までに黒字になると見込んでいるとアムトラックのCEOは言っている。やるべきことがたくさんありそうだ。

アムトラックの慢性的な遅延は、2021年までに収支を均衡ようとしているこの鉄道の取り組みを妨げており、長期的には年間推定4190万ドル(約45億円)のコストがかかっている。

発表された監査報告書によると、43路線のうち31路線がアムトラックの定時運行基準を満たしていなかった(長距離路線の70%、国が支援する路線は80%)。

監査官によると、アムトラックが定時運行をわずか5%増やすだけで、820万ドルのコスト削減と390万ドルの収入増になるという。

同報告書は「長距離列車の定時運行率を少なくとも75%にまで改善し、1年の間、その改善を維持することができれば、さまざまな財務上のメリットが得られることを確認した」としている。


5da9ebf34af90951fa5d7a02

Amtrak

多くアムトラックの乗客が慣れ親しんでいるそのような遅延の原因は、アムトラックが所有していない線路での列車の運行が「地元の鉄道会社」に依存しているからである。アムトラックの路線2万1400マイル(約3万5000km)のうち、自社で所有しているのはわずか3%にすぎない。

監査官は「連邦法では、旅客列車を貨物列車よりも優先させることが鉄道会社に義務付けられているが、アムトラックの経営陣は、地元の鉄道会社が日常的に法律を無視しているために遅れが生じていると公言している」と述べた。

アムトラックは今年初めに、2018年にはこれらの地元の鉄道の格付けが平均でCランクだったと報告しており、これは「多くの乗客が大きな遅延に巻き込まれている」ことを意味する。

Business Insiderは、アムトラックをサポートする6つのホスト鉄道に連絡を取った。アムトラックの最新レポートでD-を記録したカナディアン・ナショナル鉄道は、遅れの原因がアムトラックの走る特定路線で実施されている速度制限にあるとしている。

ある関係者は「効果的な運行ソリューションの検証と実装が完了したら、速度制限を解除する必要がある」と述べた。

「検証はまだ多くの段階を残しているが、カナディアン・ナショナル鉄道は、アムトラックの列車が速度制限なしに安全に走行できるようにするソリューションをできるだけ早く提供したいと思っている」

ユニオン・パシフィック鉄道はコメントしていない。


収益への道

監査官が示したコストは妥当なもので、これを実現すればアムトラックは2021年までに48年の歴史で初めて目標を達成することになる。

同社CEOのリチャード・アンダーソン(Richard Anderson)は、9月にニューヨークで開催されたイベントで、それを「誰もできないと思っていたこと」と述べた。

しかし、やるべきことはまだたくさんある。2018年の鉄道事業の総売上は33億9000万ドル(約3680億円)、損失は8億1700万ドル(約887億円)だった。11月には2019年の財務報告が発表される予定だ。

「この2つの重要な報告書の調査結果は、列車の遅れが実際に財務に及ぼす影響を示している」と語るのは、アムトラックの戦略計画担当役員、デニス・ニューマン(Dennis Newman)だ。

「列車の遅れは、それ以外にも、機材の使用や人員配置、輸送競争力や信頼性に至るまで、あらゆる面に影響していることがわかっている」

[原文:Nearly one-third of all Amtrak trains are late — and it could be costing the railroad $42 million every year

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み