BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

4人に1人が頭痛持ち。名医が教える「危ない頭痛」「治せる頭痛」

| Life

Sponsored

坂井文彦埼玉国際頭痛センター長

日本人の4人に1人は頭痛に悩んでいるといわれるが、世間では頭痛が軽視されがちだ。

「米国では頭痛を明確に病気と捉えるのに対し、日本では“たかが頭痛”として性格の弱さや怠けているように見なしがちです」

埼玉精神神経センター・埼玉国際頭痛センター長の坂井文彦氏はこう指摘。繰り返し起こり、生活に支障を及ぼしているのに、本人にしか苦しみが分からない頭痛が大きな社会的損失になっていることを、もっと理解することが必要だと強調する。

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛を3大慢性頭痛というが、中でも片頭痛は近年、発生のメカニズムや治療法の研究が進み、効能のある医薬品が登場しているという。

なぜ、頭痛が起こるのか。どう克服すればいいのか。やり過ごしてはいけない頭痛とは?頭痛の世界的な権威である坂井氏に聞いた。

坂井文彦(さかい・ふみひこ):埼玉精神神経センター・埼玉国際頭痛センター長。1969年慶應義塾大学医学部卒業後、同内科学教室に入局し、神経内科および脳循環・代謝の研究を始める。1976年、米国ベイラー医科大学神経内科留学。Harold G. Wolff賞(片頭痛と脳研究)。1997年11月、北里大学医学部神経内科学教授。2010年11月より、埼玉医科大学客員教授、埼玉国際頭痛センター長に。日本頭痛学会、国際頭痛学会の理事長など重職を歴任した頭痛治療の世界的権威で、長年にわたり、日本の頭痛医療を進化させてきた。著書に『片頭痛へのアプローチ ── よりよい日常生活を配慮した診療を目指して』(先端医学社)、『「片頭痛」からの卒業』 (講談社現代新書)など多数。

satomasakazu

「パプリカ」「デザインあ」「Q」プロデューサーに聞く、企画の作り方

NHK・Eテレ制作の子ども向け哲学番組『Q~こどものための哲学』は、小学3年生の少年Qくんが日常生活の中で感じているさまざまな疑問、不安や願望について、ぬいぐるみのチッチや友達と「対話」しながら自分なりの答えを探求していく人形劇だ。番組プロデューサーの佐藤正和氏は、社会においても教育現場においてもダイバーシティやインクルージョンが重要視されている現在、めざすべき共生社会を実現するのに必要なのは、お互いを理解しあうための「出会いの場」をつくることだと語る。これまで『デザインあ』や『シャキーン!』『ノージーのひらめき工房』などの番組を立ち上げ、『〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト「パプリカ」』等を担当する佐藤氏に、番組制作の背景について聞いた。

Sponsored

MORE

Related articles