BI Daily Newsletter

外国語を「最速で」習得する方法を、6人の超人的成功者に聞いてみた。やっぱりコツはあった

language learning

バイリンガル人材の需要は、2010年から2015年の間で2倍に。

Courtesy of Jaromir Chalabala/EyeEm/Getty Images

  • 海外出張や旅行に向けて、新しい言語をすぐに習得することは可能だ。
  • Business Insiderは実際に時間をかけずに言語習得した経験のある6名にそのコツを聞いた。
  • 経験者たちは言語学習に必要なツールやリソース、アドバイスをくれた 。
  • よく使われる動詞を覚えること、その言語で話している自分の声を録音すること、ネイティブスピーカーと会ったり、ビデオチャットしたりすることが重要。

2017年のNew American Economy(NAE)のレポートによると、2010〜2015年の間に、バイリンガル人材の需要は2倍以上となり、これまでになく多くの企業が複数言語を話せる人材を求めている。

ますますグローバル化するビジネス環境のなかで、短期間で新たな言語を習得できる人が必要とされるのは当然だ。

トリニティ・ワシントン大学非常勤講師レオナルド・ダ・バロスは、2014年に同大学のウェブサイトのブログにこう書いた。

「新しいクライアントや企業と、その人たちの母語を使って直接コミュニケーションできることは、持続的で安定したビジネス関係を築くための最初のステップとなる。だからこそ、マルチリンガルの人は誰でも自動的に、仕事や昇格の競争で同僚たちよりも優位に立てるのです」

でもそれは決して簡単なことではない。目下の仕事のことで頭がパンパンになっていたらなおさら、新たな言語を早く習得するのは難しい。

学習ソフトウェア会社Ceregoが発表した、2019年度のThis Is How We Learn Reportによると、一つのコースをマスターするのには、56日間でおよそ15.5時間の学習が必要となる。しかも、私たちが読んだり聞いたりしたことの86%はほんの数日で記憶から消えてしまうそうだ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み