BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

サンリオピューロランドV字回復の立役者が語る「ハローキティに学ぶダイバーシティ」

| Business

Sponsored

小巻亜矢さん

親子連れ、若い女性、カップル、さらにはインバウンドまで、サンリオピューロランドには今、世代も国籍もさまざまな人たちが集まる。実際、2018年には過去最高の来場者数を記録した。

しかしわずか4年前、ピューロランドの集客数は低迷し、テーマパークとしての在り方を見つめ直す必要に迫られていた。その頃ピューロランドに顧問として赴任したのが、現館長の小巻亜矢氏だ。2014年の着任から短期間でV字回復させた鍵は「対話」にあると小巻氏は振り返る。シンプルだが核心的な手法で、ピューロランドはどのように変わっていったのか。

小巻亜矢(こまき・あや):株式会社サンリオエンターテイメント取締役 サンリオピューロランド館長 兼 CDO。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。1983年株式会社サンリオ入社。結婚退社、出産を経て化粧品会社にて仕事復帰。2014年よりサンリオピューロランドに赴任。 2015年サンリオエンターテイメント取締役就任。サービス改善・コンテンツ開発・ダイバーシティマネジメントの醸成からサンリオピューロランドの改善に取り組み、2016年サンリオピューロランド館長に就任。東京出身。

Related articles