ビル・ゲイツに単独インタビュー20分。彼は今まで会った誰とも違う頭の使い方を見せてくれた。

Bill Gates

64歳になった米マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ。

REUTERS/Rick Wilking

  • Business Insiderは2016年にビル・ゲイツに単独インタビューを行った。
  • 当時はその一部を記事として掲載したが、ゲイツが10月28日に64歳を迎えた記念に、未公開だったインタビューの重要部分を新たに公開しよう。

ビル・ゲイツにインタビューするために与えられた時間は20分きっかりだった。

あれは2016年の春、ゲイツ財団のクリーンエネルギーを中心とする年次報告書発表に際して、プレスの取材に対応するため、ゲイツはニューヨークにいた。

時刻は午後2時。マンハッタンのミッドタウンにある超高級ホテルでゲイツに会った。タイムキーパー役の側近も一緒で、私は二人と握手をした。

実際に会ってみると、よくメディアで言われる通り、オタクっぽくて、気持ちが良いほど礼儀正しくて、非常に知的な人だった。

中国では慈善事業を行う層がどれだけ少ないか(経済全体の0.1%以下)とか、エネルギー市場がどれほど巨大か(年間3兆ドル)とか、慈善活動によって5歳までに子どもが死亡する子どもの率が33%から5%以下に下がったとか、世界開発に関する統計をすらすら口にした。

還暦を迎えたばかり(当時)のゲイツと話して、まず驚かされたのはそのことだった。

彼はあまりにも多くのことについて、百科事典的ともいえる知識を持ち合わせている。10代のうちに『世界大百科事典』を全巻読破したエピソードどおり、さまざまな領域の知識を相互作用させる方法が頭に入っているのだ。

そのまま本にして出版できるゲイツの語り口

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み