フィンランド発MaaSアプリが12月に日本上陸 ── 2020年は「MaaS元年」になるか

Whim

世界初のMaaSアプリ、Whimが12月、いよいよ日本に上陸する。

画像:Whim

アプリひとつで“移動”を完結させる」 ── 世界初のMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)アプリとして知られるフィンランド発の「Whim(ウィム)」が2019年12月、千葉・柏の葉で実験的にサービスを始める。

2020年初頭には本格的にサービスを開始、2020年春には月額制サービスの導入を目指し、ほかの2〜5都市でも導入の議論が進んでいるという。

MaaSアプリの先駆者は2020年、日本に“MaaS元年”をもたらすのか。

Whimを運営するMaaS GlobalのCEO、サンポ・ヒエタネン氏に話を聞いた。

MaaSとは:電車やバスなど、複数の交通手段を乗り継いで移動する際に、各事業者ごとに個別に予約や支払いをするのではなく、モビリティ全体を一つのサービスとしてとらえ、利用・提供するという考え方

柏の葉でMaaSを始める理由

Whim

ヘルシンキで「Whim」を使った様子。目的地を入力すると、そこまでの最適な移動手段が表示され、アプリ内で決済もできる。

撮影:西山里緒

日本上陸が長らく騒がれてきたWhimだが、最初の拠点として選ばれたのは、柏の葉だった。12月から始まるサービスでは、市内のタクシー・バス・カーシェア・バイクシェアが目的地に応じて表示され、予約と支払いもアプリでできるようになるという。電車などの他の交通機関とも、連携に向けての議論が続いているという。

Whimの構想はこれだけに止まらない。今回のプロジェクトのキモは、三井不動産との提携事業であることだ。

ヒエタネン氏は「これは、MaaSを次のレベルへ持っていく協業だ」と強調する。

「例えばアパートを借りるときに(職場や学校への)移動手段まで設計し、それを家賃に含めることができたら。そしてそれを都市計画に反映させ、公園やレクリエーション施設などを“移動”の観点からデザインできれば、(MaaS構想は)まったく異次元の、次のレベルにまでいくことができる」

三井不動産は柏の葉でスマートシティプロジェクトを推進している。Whimと三井不動産が連携することで「移動と暮らしをつなげて考えてまちづくりができる」ようになる、というわけだ。

日本は世界のMaaSの中心になる

Whimが注目を浴びて以降、さまざまな事業者が「MaaS参入」を表明してきた。

小田急電鉄は10月30日、箱根エリアと新百合ヶ丘エリアで使えるMaaSアプリ「EMot(エモット)」の実証実験を開始。同日、JR西日本も広島東部エリアで「せとうち観光アプリsetowa(せとわ)」を開始するなど、その動きは2019年後半に入ってさらに活発になっている。

この活性化の背景には、ヒエタネン氏が「駅すぱあと」を手がけるヴァル研究所と小田急電鉄が共同で手がけるデータ基盤「MaaS Japan」を非常に評価していることがあるという。

MaaS Japan

MaaS Japanの仕組み。移動に関わるさまざまな事業者がデータ基盤を共有する。

出典:小田急電鉄

「MaaS Japan」は、小田急電鉄に限らない、さまざまな事業者がオープンに利用できるデータ基盤だ。NTTドコモ、DeNA、Japan Taxi、JALといったモビリティ事業者がすでにパートナーとして参加を発表し、それぞれが開発するMaaSアプリで、交通データやチケット情報などを共有する。10月30日、MaaS GlobalとシンガポールのmobilityXもデータ連携に合意した。

このようなオープンなデータ基盤形成の取り組みは世界でも先進的なもので「この取り組みがうまくいけば、日本は世界のMaaS市場のリーダーになれる」とヒエタネン氏は声に力を込める。

フィンランドから来た黒船ならぬ”ヴァイキング船”は2020年、日本にMaaS旋風を巻き起こすのだろうか。

(文・西山里緒)


  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み