そのリアルさが怖い! お化け屋敷として生まれ変わった「元トイザらス」に行ってみた

規制線

Shoshy Ciment/Business Insider

アメリカにトイザらスが帰ってきた —— 今回はお化け屋敷として。

お化け屋敷に生まれ変わったのは、ニューヨークのクイーンズにある広さ5万平方フィート(約4600平方メートル)の元トイザらスだ。

Zombies Are Back(ゾンビが帰ってきた)」と名付けられたこのお化け屋敷は、ゾンビと小売業という2つのアポカリプスを組み合わせて、血と恐怖の15分間の冒険を提供。ホラードラマ『ストレンジャー・シングス』をテーマにしたセクションもあり、約15人の人間のアクターがさまざまなポイントで飛び出してくる。

パートナーのピーター・リベラ(Peter Rivera)氏とこのお化け屋敷を運営しているルーク・ティナリ(Luke Tinari)氏は、「ストーリーとしては、トイザらスが倒産して従業員や店に何が起きたか… といったところでしょう」と話している。

2017年に破産法の適用を申請したあと、米トイザらスは2018年に事業を清算し2019年2月には「トゥルー・キッズ(Tru Kids)」ブランドに吸収された。

Business Insiderでは、このお化け屋敷を訪ねてみた。そこにはゾンビや悪魔よりも不気味な何かがあった —— これは"小売業の崩壊"の最も生々しい形だ。

わたしたちの体験を紹介しよう。


日が落ち始める中、わたしたちは元トイザらスのお化け屋敷へと向かった。

看板

Shoshy Ciment/Business Insider

中に入る前から、すでに不気味な雰囲気だ。

外観

Shoshy Ciment/Business Insider

巨大バナーが、ここがわたしたちの目指していた場所だと教えてくれる。よく見ると、トイザらス(Toys R Us)の「R」の文字がバナーの後ろに隠れているのが分かる。

正面外観

Shoshy Ciment/Business Insider

夜になると、もっと不気味。

夜の入り口

Shoshy Ciment/Business Insider

薄暗い建物の中に入っていくと、驚くほどかつての店の姿が残っている。

入口

Shoshy Ciment/Business Insider

床と天井は、トイザらス時代から全く変わっていないようだ。

床と天井

Shoshy Ciment/Business Insider

再び使われることを待っているかのようなレジも不気味だ。

レジ

Shoshy Ciment/Business Insider

一部の照明はついたり消えたりしていた。

照明

Shoshy Ciment/Business Insider

多くの場所が黄色のテープで封鎖されていて、犯罪現場の真ん中にいるような雰囲気だ。

テープ

Shoshy Ciment/Business Insider

最初のゾンビに遭遇。ハローと手を振っているようだ。

ゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

トイザらス時代の名残があちこちに見える。

5dbae9f9dee0193cb25a0825

Shoshy Ciment/Business Insider

実際に使われていた陳列棚や店内の表示などが、リアルな不気味さを生んでいる。

トイザらス時代の案内板

Shoshy Ciment/Business Insider

そこに多少手を加えることで、"不気味"を"恐怖"に変えている。

床から出てくるゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

モニターまで残っている。

モニター

Shoshy Ciment/Business Insider

しばし待たされたあと、いよいよメインのお化け屋敷ゾーンへ。

黒いカーテンの仕切り

Shoshy Ciment/Business Insider

通路や陳列棚はそのまま。元トイザらスの店のつくりは、お化け屋敷にぴったりだったようだ。

通路

Shoshy Ciment/Business Insider

店のアプリの宣伝など、いろいろなものがそのまま残っている。

アプリの宣伝

Shoshy Ciment/Business Insider

このショッピングカートも客が使っていたものなのだろう。

ショッピングカートとゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

商品の値札や通路の案内など、普通に店にあったものがお化け屋敷の不気味な要素と組み合わされることで、ブラックな意味に思えてくる。

値札

Shoshy Ciment/Business Insider

トイザらスの名残と"ゾンビが襲ってきた"という設定は、完璧な組み合わせと言えそうだ。

ゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

店が「半休(HALF OFF)」というのも、なかなか不気味だ。血まみれのゾンビが説得力を増している。

5dbae9f5dee0194619205838

Shoshy Ciment/Business Insider

ブルーライトに照らされた不吉なメッセージもあった。「わたしたちは戻ってくる(WE R BACK)」は、トイザらスの復活を願っているようにも読めるが…。

5dbae9f5dee019461d7b7ff7

Shoshy Ciment/Business Insider

途中、沼地のような場所もあった。驚くほど… そして不気味なほど、凝ったつくりだ。

沼地のゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

おもちゃに囲まれたゾンビもいた。

おもちゃとゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

ネットフリックス(Netflix)のホラードラマ『ストレンジャー・シングス』をテーマにしたセクションは、わたしたちのお気に入りの1つだ。

『ストレンジャー・シングス』をテーマにしたエリア

Shoshy Ciment/Business Insider

イレブンやデモゴルゴンといったドラマのキャラもいる。

ゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

「従業員専用」と書かれたドアのすぐ近くには、また別のゾンビがいた。

ゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

ゾンビが本物の人間なのか人形なのか、時々見分けがつかなかった。これが余計に怖かった。いつ誰が飛び出してくるか分からないのだ。

ゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

人間のゾンビ役は、効果を最大限に発揮するために戦略的に配置されていた。おもちゃの近くにいたこの女性のゾンビは、若い女子向けのようだ。

女性のゾンビ

Shoshy Ciment/Business Insider

お化け屋敷を出ると、辺りはすっかり暗くなっていた… 本当に怖かった。

暗くなった外の駐車場

Shoshy Ciment/Business Insider

元トイザらスでの体験は、ただのお化け屋敷以上のものだった。これは"小売業の崩壊"の最も生々しい形だ。

外観

Shoshy Ciment/Business Insider

[原文:See inside the abandoned Toys R Us store that was transformed into a spooky haunted house to bring the retail apocalypse to life

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み