ソニーのEV登場で自動車業界の競争激化。トヨタ・日産・ホンダの「生産性」を徹底検証

会計とファイナンスで読むニュース

撮影:伊藤有

「ソニーが自動車をつくる」——。

2020年1月にラスベガスで開催されたCES(世界最大のハイテク見本市)で、ソニーは自動運転機能を持つ電気自動車(EV)「VISION-S」の試作車を一般公開しました。エレクトロニクス、ゲーム、そしてエンタメの分野で成長してきたソニーがついにEVをつくったということで、このニュースは業界の内外を駆け巡りました。

ソニーのVISION-Sお披露目により改めて注目が集まるEV市場。2020年にはトヨタ、日産、ホンダといった従来の自動車メーカーも相次いでEVの新型車を投入すると発表しており、自動車業界の競争はますます激化しそうです。

このような競争環境を制するのは、いったいどの企業でしょうか。ライバルひしめく厳しい環境では、どれだけ効率よく経営できるか、つまり「生産性の高さ」が業績に直結します。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み