収入格差、文化の違い、不倫…シリコンバレーのカップルが直面しがちな5つの問題

シリコンバレーには人間関係について5つの問題があるという。

シリコンバレーには人間関係について5つの問題があるという。

laflor/Getty Images

ギャル・スッエケリー(Gal Szekely)氏は、テクノロジーの世界でそのキャリアをスタートさせたが、常に個人の成長について興味を持ち、「人生を充実させるものは何か」と自問していたという。

何年もの間、彼はプロダクト・マネージャーだったが、その後、彼自身が「半分は仕事、半分は心理学」と言うマネジメント・コンサルタントになり、テック業界を去った。そして、スッエケリー氏と彼の妻は訓練を受けてセラピストになった。現在、彼らの診療所には30人以上のセラピストがいて、サンフランシスコとパロアルトを含む6つのオフィスがあり、カップルに焦点を当てて、セラピーやワークショップを行っている。

スッエケリー氏は、夫婦の両方がテック業界で働いていなくても、問題の多くはテック業界のカルチャーの影響を受けていると言う。電話インタビューでシリコンバレーでよくある男女関係の5つの問題について話してくれた。

1.カップルの収入源がどちらか1人である

1.カップルの収入源がどちらか1人である

laflor/Getty Images

スッエケリー氏によると、他のエリアでは人間関係の問題だが、この地域の技術者の給料高騰がこの問題を悪化させているという。Hiredによると、サンフランシスコのIT業界の平均年収は14万2000ドル(約1540万円)だ。

特にカップルに子供がいる場合、通常は技術系の仕事をしている人が主な収入源になっていると説明した。テクノロジーの世界は激務なので、その人は長時間働いて仕事を家に持ち帰らなければならないが、家の中の仕事や子育ては他の人、通常は女性がすることになる。このことがしばしば軋轢を生み、仕事に集中している人と比較して満たされていないパートナーとのギャップが生じるという。

2.会話によるコミュニケーション能力の格差

2.会話によるコミュニケーション能力の格差

By Ray_from_LA on Flickr

「テクノロジーの世界で働く多くの人は、とても論理的な一方、個人的な人間関係に関して言語的なスキルを持っていないことがある」とスッエケリー氏。彼はクライアントが「作業モード」から抜け出す方法を学び、自分が感じていることや望んでいることを表現できるよう支援している。

スッエケリー氏自身の経験からも、コミュニケーションに問題を抱えているのは男性の方が多いが、女性も問題を抱えていることがあると述べた。

3.文化や背景の違いへの適応

3.文化や背景の違いへの適応

Klaus Vedfelt/Getty

シリコンバレーにはアメリカ生まれではない人や、第一世代の移民が多い。カップルが異なる文化の出身である場合、彼らがどのように育ったかによって、お互いを理解できない可能性があると言う。

「パートナーになるとはどういうことか、相手の家族とどんな関係性を持つか、子どもたちと何をするか。こういったことは、異文化を背景に持つ人との間では誤解を生む可能性がある」とスッエケリー氏は言う。

同一文化圏のカップルであっても、一方が他方よりも「アメリカナイズ」されていれば、この問題を経験する可能性があると彼は指摘する。

4.子どもを持つか、持たないか

4.子どもを持つか、持たないか

Hero Images/Getty Images

シリコンバレーでは、他の伝統的な場所に比べて、子どもを持つことが必ずしも当たり前ではないとスッエケリー氏は指摘する。カップルは意思決定をするために、お互いに意思疎通しなければならない。

5.シリコンバレーでの生活は、誘惑が多い

5.シリコンバレーでの生活は浮気の機会が多い

Theshot.co/Shutterstock

スッエケリー氏は、テック界で働くと他の業界よりも多くの浮気の機会があるという。長時間のコミュニケーションは同僚との親密さを育み、出張は機会をもたらす。彼はクライアントに、何が問題なのか、何が浮気なのか、どこで線を引くのかについて、不倫騒動が起こる前にパートナーと境界線を定めるようアドバイスする。

[原文:A therapist reveals the 5 biggest relationship issues in Silicon Valley

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み