BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

全員18時退社。佰食屋・中村さんが考える新しい豊かさとは

| Business

Sponsored

佰食屋

2012年11月29日、“いい肉の日”に、1日100食限定をうたう国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋(ひゃくしょくや)」が京都市にオープンした。100食を売り切れるようになるまで1カ月以上はかかったというが、材料にこだわった妥協のない美味しさが話題になり、行列ができる人気店に。2015年に姉妹店の「すき焼き専科」、2017年に「肉寿司専科」をオープン。2019年には4店舗目となるカレー専門店「佰食屋1/2」も開業した佰食屋1/2のランチは、1日50食とさらに少ない提供数で業界から驚きの声があがった。

どんなに売れてもランチで100食のみ。そのため従業員の残業はなし、全員夕方には帰宅できる。このユニークな経営方針が注目され、運営を手がける株式会社minittsと代表取締役・中村朱美氏は、2015年「第4回京都女性起業家賞 最優秀賞」、2017年「新・ダイバーシティ経営企業100選」、2019年日経ウーマンの「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019 最優秀賞」など数々の賞を受賞している。

佰食屋の経営と2児の母親業に加え、メディアへの登場や講演会など多忙な日々を送る中村氏は、何を目指しているのか。佰食屋にかける思い、そして佰食屋を通じて得た人生の豊かさについて聞いた。

中村朱美(なかむら・あけみ):株式会社minitts 代表取締役。1984年京都府亀岡市生まれ。専門学校の職員として勤務後、2012年9月に飲食事業や不動産事業を行う「株式会社minitts」を設立。1日100食限定をコンセプトに、美味しいものを手軽な値段で食べられる「佰食屋」を開業。2015年3月に 「佰食屋すき焼き専科」、2017年3月に「佰食屋肉寿司専科」、2019年6月に「佰食屋1/2」を開業し、現在4店舗を運営し、メディアで多数紹介される。ランチ営業のみ、完売次第営業終了という従来の飲食業界の常識を覆す経営手法で、飲食店でのワークライフバランスとフードロスゼロを実現。1女1男の母。

Related articles