恐怖! オーストラリアの男性、元交際相手の女性の車にアプリをダウンロードしてストーカー行為

自動車

Alex Davies / Business Insider

  • オーストラリアでは、ある男性が元交際相手の女性の車にスパイウエアをインストールし、女性の行動を追跡していた疑いが持たれている。オーストラリア放送協会(ABC)が11月7日に報じた。
  • 報道によると、男性は女性の車の固有識別番号にアクセスし、アプリを設定して、女性の位置情報をリモートで監視していたという。
  • デジタル時代、サイバーストーキングが広まりつつある。ストーカーがターゲットの携帯電話やオンラインでの行動を意のままに追跡できるツールが増えている。

オーストラリアのホバートでは、ある男性(38)が元交際相手の女性の車にアプリをダウンロードし、女性の車をリモートで動かしたり、止めたりすることができたと、オーストラリア放送協会(ABC)が11月7日に報じた。

ABCによると、男性は2018年、元交際相手の女性にストーカー行為をしたことを認めた。2人は半年間、交際していたという。

タスマニア島のRACTモータリング・クラブで働いていた整備士の男性は、元交際相手の女性がランドローバーを購入するのを手伝ったことで、車の固有識別番号にアクセスできたと見られている。

ABCによると、男性はこの番号を使って女性の車のアプリを設定し、車をリモートでコントロールしたり、女性の行動を監視していた疑いがある。男性は女性の携帯電話を追跡するため、スパイウエア・アプリの毎月の利用料も支払っていたと見られる。

被害女性は法廷で「彼のやったことは卑劣で、わたしは今もこれまでに経験した暴行やトラウマと折り合いをつけようと努力している」と語ったと、ABCは報じている。

地図

ホバートは、タスマニアの州都だ。

Google Maps

報道によると、女性は元交際相手の男性がある夜、彼女の寝室に忍び込み、ベッドの足元に立っていたことがあるとも証言した。女性が驚いて目を覚ますと、男性は「強盗や君を傷つける悪い人間じゃなく、俺でラッキーだったな」と言ったという。

女性が男性のストーカー行為に気付いたのは、携帯電話をなくした後のことだった。オンラインで携帯電話を追跡したところ、元交際相手が女性の駐車した場所を含む位置情報に関するデータを集めていたことを示すメールを発見したと、ABCは報じている。

「彼がわたしをストーキングしていて、わたしの車をコントロールできると気付いたときはショックでした。命の危険を感じました」と、女性は法廷で語った。

デジタル時代、サイバーストーキングは広まりつつあり、ストーカーがターゲットの携帯電話やオンラインでの行動を意のままに追跡できるツールが増えている。

ガーディアンによると、イギリスの家庭内暴力の予防を目指す「Women's Aid」は2015年のレポートで、調査回答者の41%がパートナーまたは元パートナーが彼女たちを監視するために、インターネット上での活動情報を利用していたと答えたと報告している。

こうした虐待の被害者を支援する「Digital Trust」のチーフ・エグゼクティブ、ジェニファー・ペリー(Jennifer Perry)氏は、新たなテクノロジーは進化を続け、そのあとをたどることをますます難しくしていると、2015年にガーディアンに語った。

ペリー氏は、アップル(Apple)のiCloudやグーグル・ドライブといったクラウドベースのストレージデバイスを引き合いに出しながら、「一番簡単なのは、クラウド上で女性にアクセスすることだ」と指摘した。

「男性は、自身のパートナーの『助け』になろうと、携帯電話を買い、その設定をするかもしれない。彼はユーザーネームとパスワードを知っている。女性の中には、自分のスマートフォンにクラウドのアカウントがあることにすら気付いていない人もいる」

[原文:An Australian man allegedly downloaded software to his ex-girlfriend's car that allowed him to drive it remotely and track her location

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み