世界初のセラピー豚「リルー」、サンフランシスコ国際空港で活躍中

ぶた

Reuters

サンフランシスコ国際空港は、世界初の「セラピー豚」を導入した。空港のセラピーアニマル・チーム「ワグ・ブリゲード」に5歳の豚リルー(LiLou)が加わったという。ロイターが報じた

アメリカで最も忙しい空港の1つであるサンフランシスコ国際空港で、セラピー豚のリルーはどのような日々を送っているのか、見てみよう。


リルーは飼い主とともに、サンフランシスコのダウンタウンにあるマンションで暮らしている。「有機野菜やプロテインペレットの食事を楽しみ、専用のベッドで眠り、毎日、近所を散歩している」という。

リルー

Reuters

ひづめや鼻を使っておもちゃのピアノを弾いたり、犬のような技を見せるという。

リルー

Reuters

全てのセラピーアニマルは、訓練プログラムを修了しなければならない。セラピーアニマルは「気性が安定していて、マナーが良く、友好的な性格」であることが必要だと、空港のゲストサービス・マネジャー、ジェニファー・カザリアン(Jennifer Kazarian)さんは語った。

リルー

Reuters

パイロットの帽子をかぶり、真っ赤なネイルをほどこしたリルーは、空港の利用客に挨拶をしたり、セルフィーにも応じている。「リルーは人と交流するのが大好きなんです」と、飼い主は話している。

リルー

Reuters

[原文:Travelers flying out of San Francisco airport may be comforted by LiLou, the world's first therapy pig

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み