アメリカで最も愛されたアパレル大手「GAP」の盛衰

創業者

Gap

11月上旬に発表された米ギャップ(Gap)のCEOアート・ペック氏の退任は、同社の不確かな未来を示す最新のサインだった。

同じ日に発表された第3四半期の業績はひどく、全体の既存店売り上げは前の年に比べて4%減だった。中でも、社名と同じ「ギャップ」ブランドは7%減と最も大きく下がった。「オールドネイビー(Old Navy)」は4%減、「バナナ・リパブリック(Banana Republic)」は3%減だった。

ギャップは過去数十年にわたって、アメリカで最も愛される、アメリカのファッションとスタイルを象徴する小売業者の1つだった。そのゆったりとした定番アイテムや象徴的なデニムによって、ギャップは肩肘張らない"ジーンズとTシャツ"といったスタイルを手頃な価格で求める消費者のお気に入りとなった。1990年代から2000年初めにかけては、街を歩けば必ずギャップのロゴ入りスウェットを目にしたものだ。

しかし、ショッピングモールの定番ブランドが輝きを失う中、ギャップも苦戦を強いられ、流行りのeコマースサイトや直販ブランドに後れを取った。ギャップは突然、"定番"から"退屈"な存在になり、オールドネイビーといった比較的好調だったブランドも勢いを失いつつある。

だが、複数のブランドを展開するギャップ社は今でもアメリカ最大の専門小売業者だ。ギャップの創業からこれまでを写真とともに振り返る。

(以下、敬称略)


ギャップは1969年、サンフランシスコでドリス・フィッシャーとドン・フィッシャーが立ち上げた。

創業者

ギャップの創業者、ドリス・フィッシャーとドン・フィッシャー。

Gap

フィッシャー夫妻によると、店を始めた理由は「シンプル」で、ドンが自分にあったジーンズを見つけられなかったからだという。

Source:Gap

フィッシャー夫妻は、オーシャン・アベニューに自分たちの店をオープンするために6万ドル(約650万円)以上を集めた。店の名前は、「ジェネレーション・ギャップ」から取ったという。

1号店

Gap

Source:Gap,Culture Trip

創業当初は主にリーバイスのジーンズやレコードを売っていた。

ギャップ

1987年9月25日、サンフランシスコ。

Associated Press

Source:Culture Trip

ギャップ人気は高まり、フィッシャー夫妻は翌年、サンノゼに2号店をオープンした。1971年には、カリフォルニア州バーリンゲームに本社を置いた。

ギャップ

Kevork Djansezian/AP

Source:Culture Trip

1973年までにギャップはアメリカ国内で25店舗を展開し、東海岸へと進出した。

ギャップ

ニューヨーク、マンハッタンのギャップ。

Reuters

セレクトショップが自社ブランド商品を売り始め、ギャップの名前も高まった。

Source:Culture Trip

ギャップは、ブルージーンズやTシャツといったアメリカン・クラシックの代名詞となった。

ジーンズ

Justin Sullivan/Getty Images

1976年、ギャップは上場した。

テラス

サンフランシスコにあるギャップのオフィス。

Gap

会社を成長させようと、ギャップは買収や新しいブランドの開発に力を注ぎ始める。1983年には、バナナ・リパブリックを買収した。

バナナ・リパブリック

Marina Nazario/Business Insider

成長戦略の一環として、子ども服といった新たなカテゴリーも手掛け、1986年には「ギャップキッズ(Gap Kids)」がスタートした。

ギャップキッズ

Associated Press

Source:Gap

その後、ギャップはルームウェアの「ギャップボディー(Gap Body)」や、アスレティック・アパレル、乳幼児向けの「ベビーギャップ(BabyGap)」を立ち上げた。

ギャップボディー

Business Insider/Jessica Tyler

1987年、海外1号店をロンドンにオープン。

ギャップ

Ben Pruchnie/Getty Images

Source:Gap

ブランドに高級感をプラスするため、ギャップはミラード・"ミッキー"・ドレクスラーをCEOに迎えた。

ドレクスラー

1998年、ギャップのCEOだったミッキー・ドレクスラー。

Darryl Bush/Getty Images

1994年には、ギャップよりも低価格で展開するオールドネイビーが誕生した。

オールドネイビー

Reuters

この独立記念日向けのTシャツのように、遊び心あるデザインとアメリカンな雰囲気で、オールドネイビーの人気は一気に高まった。

オールドネイビーのTシャツ

Robert Alexander/Getty Images

しかし、行き過ぎた拡大路線のせいで売り上げは29カ月にわたって低迷し、ドレクスラーは2002年に解雇された。これがギャップの先行きが怪しくなってきた最初のサインだった。

ドレクスラー

ダイアン・フォン・ファステンバーグ、ジェナ・ライオンズとドレクスラー。

Rob Kim/Getty Images

ドレクスラーはその後、Jクルー(J.Crew)のCEOに就任した。

Source:New York Magazine

水面下では問題が起きかけていたが、1990年代後半から2000年代初めにかけて、ギャップの広告キャンペーンは注目を集めた。

ジョシュ・デュアメルとサラ・ジェシカ・パーカー

2004年のギャップの広告に出演したジョシュ・デュアメルとサラ・ジェシカ・パーカー。

J. Vespa/WireImage

1998年にはその「カーキ・スウィング」のコマーシャルで複数の賞を受賞、ギャップの広告はそのセレブの使い方と斬新なテーマで知られるようになった。

Source:Gap

慈善活動にも注力し始め、2006年にはプロダクト・レッド(編集注:収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付することで、アフリカのエイズ対策を支援する仕組み)の活動にも参加した。

プロダクト・レッドのジーンズ

Justin Sullivan/Getty Images

Source:Gap

同じく2006年には、海外工場の劣悪な労働実態が報じられ、ギャップも他の小売業者とともに労働者の権利を守ろうとのデモの対象になった。

デモ

Justin Sullivan/Getty Images

Source:Slate

小売業の未来を目指し、ギャップは2006年の「パイパーライム(Piperlime)」の立ち上げを含め、さまざまな失敗を重ねていった。

ジェナ・フィッシャー

パイパーライムのイベントに参加した女優のジェナ・フィッシャー。

Barry Brecheisen/WireImage

成長著しいeコマース分野での成功を目指したオンライン専門ブランドのパイパーライムは、2015年に終了した。

2007年、ギャップはたった18カ月で35歳以上の女性向けブランド「フォース・アンド・タウン(Forth & Towne)」を終了させた。

フォース・アンド・タウン

Tim Boyle/Getty Images

こうしたミスから学んだ経験をいかし、2008年には「アスレタ(Athleta)」を買収。

アスレタ

Bethany Biron/Business Insider

事業の規模としては比較的小さいものの、アスレタは好調が続いている。

苦しみながらも、この頃のギャップはまだ世間の注目を集めていた。オバマ大統領(当時)の来店もそうした瞬間の1つだ。

買い物をするオバマ大統領(当時)

Thomson Reuters

それでも、ショッピングモールの客足の減少やeコマースへの流れをギャップ・ブランドも感じ始めていた。2011年10月、同社はアメリカ国内の189店舗を2013年までに閉店すると発表した。

ジーンズ

Justin Sullivan/Getty Images

その後も苦しい状況が続き、ギャップは買収とその他の成長エリアに再び注力し始めた。

ショッピングモールにあるギャップ

Irene Jiang / Business Insider

2013年には有名デザイナーの服を扱うセレクトショップ「インターミックス(Intermix)」を買収。

インターミックス

Mark Sagliocco/Getty Images

2018年にはメンズウェア市場の成長を受け、「ヒル・シティ(Hill City)」を立ち上げ……

ヒル・シティ

Hill City

2019年には子ども服の「ジャニー&ジャック(Janie & Jack)」をジンボリー(Gymboree)から買収した。

ジャニー&ジャック

Facebook/Janie + Jack

店舗でのモバイル決済など、テクノロジーの導入も試みた。

モバイル決済

Gap

だが、売り上げは低迷したままで、中でも社名と同じギャップ・ブランドは特に苦戦が続いた。

セール

Irene Jiang / Business Insider

2019年2月、ギャップはオールドネイビーをスピンオフ(事業の分離・独立)すると発表。

オールドネイビーとギャップ

Drew Angerer/Getty Images

しかし、その数カ月後に発表された四半期決算で、オールドネイビーは初めて既存店売り上げが減少し、その次の四半期決算でも売り上げが減った。

Source:Business Insider

状況はさらに悪化し、ギャップは2019年11月、CEOアート・ペックの退任を発表した。

アート・ペック

アート・ペック。

JP Yim/Getty Images

ペックは15年にわたってギャップ社で働き、2015年からCEOを務めた。ペックの退任を受け、現在は会長のロバート・フィッシャーが暫定CEOに就いている。ペックのCEO退任について、同社は理由を明かしていない。

Source:Business Insider

CEO退任と業績低迷を受け、株価も下がった。

ギャップ

Associated Press

Source:Markets Insider

こうした中、創業家にも影響が出ている —— フィッシャー家は2019年、10億ドルを失ったと報じられている。

フィッシャー夫妻

Gap

Source:Forbes

苦境に立つギャップの先行きは不透明だ。

セール

Bethany Biron/Business Insider

[原文:The rise and fall of Gap, one of the most iconic and beloved American retailers

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み