キリン、タランチュラ、ワシ、サル…… この10年で絶滅危惧種に指定された24の生物たち

スプレンディッド・トードフィッシュ、アフリカライオン

過去10年で、多くの動物が絶滅の危機に瀕している。写真は、スプレンディッド・トードフィッシュ(左)とアフリカライオン(右)。

/Tambako the Jaguar/Getty Images

10年あれば、さまざまなことが起こり得る。

森林破壊や大気汚染、狩猟は、生物を絶滅の危機へと追いやる要素のほんの一部に過ぎない。

国際自然保護連合(IUCN)が毎年発表しているレッドリストは、わたしたち人間に生物の置かれた現状を教えてくれる。

たくさんの種が、植物に授粉したり、人間の食料になるなど、わたしたちに「生態系サービス」を提供している。

BBCによると、種が多様であればあるほど、その生態系は安定的かつ強靭だという。種を絶滅の危機にさらすということは、生態系を危険にさらし、より脆弱にすることだ。

この10年でIUCNのレッドリストで絶滅危惧種に追加された24の生物を見ていこう。


わたしたちが生きていくには、人間以外の生物も必要だ。

アフリカ

アフリカ。

Londolozi Images/Mint Images via Getty Images

Source:The Guardian,BBC

バランスの取れた生態系で生きているからこそ、わたしたちは全ての食べ物を研究室で作ったり、全ての植物を自らの手で授粉させたりせずに済んでいる。

花に近付くハチ

花に寄ってくるハチ。

REUTERS/Srdjan Zivulovic

Source:The Guardian,BBC

生態系を維持するためには、人間以外の生物の存在が欠かせないのだ。

豚のエサやり

農場で豚にエサをやる人間(中国河北省)。

Reuters

Source:The Guardian,BBC

だが、ここ10年だけを見ても、さまざまな種が絶滅の危機に瀕している。

アムールヒョウ

アムールヒョウも絶滅危惧種の1つだ。

Ilya Naymushin/Reuters

インドやアフリカの西部、中部に生息するライオンたちも、人間によって脅かされている。

ライオン

ライオン。

Julie Zeveloff/Business Insider

Source:Washington Post,the Guardian,IUCN

開発によって生息地を失ったり、ハンターの犠牲になっているのだ。

ライオン

ライオン。

Julie Zeveloff/Business Insider

世界三大珍獣の1つとも言われるオカピも、森林破壊によって絶滅の危機に瀕している。オカピはキリン科の動物だ。

オカピ

オカピ。

Jens Meyer/AP

Source:Okapi Conservation,the Guardian, IUCN

キリンは9亜種のうち3亜種が絶滅の危機に瀕している。

キリン

キリン。

Shutterstock

Sources:IUCN, Giraffe Conversation, Smithsonian

開発によって生息地を失ったり、密猟の対象になっていることがその原因だ。村の食料が足りず、キリンを食用にする密猟者もいるが、キリンをスポーツとしての狩りの標的にし、そのしっぽをステータス・シンボルとして集めている密猟者もいる。

キリン

キリン。

Harrison Jacobs/Business Insider

Sources:IUCN, Giraffe Conversation, Smithsonian

オリックスの角も、一部では幸運のお守りとして知られている。アフリカ東部のオリックスは、レッドリストに追加された。

オリックス

オリックス。

Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images

Sources:African Wildlife Foundation,IUCN

キリン同様、オリックスも狩りの標的にされたり、生息地を開発によって奪われている。

オリックス

オリックス。

Hang Dinh/Shutterstock

Sources:African Wildlife Foundation,IUCN

マウンテンリードバックを含む、アフリカに生息するアンテロープの5亜種が、狩りや開発のせいで、絶滅の危機に瀕している。

マウンテンリードバック

マウンテンリードバック。

Catherine Withers-Clarke/Getty Images

Source:EMagazine,IUCN,Sunday Times

アフリカ南部では、農業のせいでホオジロカンムリヅルが生息地を失っている。繁殖地である湿地帯が汚染されているという。

ホオジロカンムリヅル

ホオジロカンムリヅル。

Wolfgang Kaehler/LightRocket via Getty Images

Source:IUCN,US EPA,Tusk

同様に、アフリカ南部に生息するズキンハゲワシも絶滅の危機に瀕している。

ズキンハゲワシ

ズキンハゲワシ。

Nimit Virdi/500px/Getty Images

Source:Krugerpark News,IUCN

ちょっと違った鳥もレッドリストに追加されている。ケープペンギンは人間の漁業によって脅かされている。

ケープペンギン

ケープペンギン。

Mike Korostelev/Getty Images

Source:National Geographic,IUCN

マダガスカルに生息するキツネザルも絶滅の危機に瀕している。

キツネザル

キツネザルの一種。

LouieLea/Shutterstock

Source:IUCN, Species Conservation

アジアやアフリカの一部に生息するソウゲンワシもそうだ。

ソウゲンワシ

ソウゲンワシ。

Avalon/Contributor/Getty Images

Source:The Weather Channel,IUCN

アメリカ大陸では、メキシコに生息するタランチュラ「メキシカンオレンジビューティー」が絶滅の危機に瀕している。

メキシカンオレンジビューティー

メキシカンオレンジビューティー。

Milan Zygmunt/Shutterstock

Sources: IUCN, Nature, the Guardian

農業や開発によって生息地を失うだけでなく、ペットとして飼われることでさまざまな脅威に直面している。

タランチュラ

タランチュラの一種(メキシカンオレンジビューティーではありません)。

Carl Court/Getty

カナダでは、水温の上昇によりキングサーモンが危機に瀕している。

キングサーモン

キングサーモン。

Associated Press

Source:WFF, COSEWIC

2016年に絶滅危惧種に指定されたハワイメンハナバチは、アメリカの絶滅危惧種リストに名を連ねた初めてのハチだ。

ハチ

ハチの一種(ハワイメンハナバチではありません)。

LagunaticPhoto/Getty Images

Source:NPR

これらのハチは、生息地の破壊、侵入種、自然災害などさまざまな脅威に直面している。

ハチ

ハチの一種(ハワイメンハナバチではありません)。

REUTERS/David W Cerny

Source:NPR

同様に、マルハナバチの一種「ボンブス・アフィニス」も、アメリカ本土のハチとして初めて絶滅の恐れがある生物のリストに加わった。個体数の減少は、開発と農業の影響だという。

ボンブス・アフィニス

ボンブス・アフィニス。

axeiz77/Getty Images

Source:National Geographic,Forbes

アメリカ東部に生息するキボシイシガメも危機に瀕している。

キボシイシガメ

キボシイシガメ。

David Duprey/AP Images

Source:IUCN, Biological Diversity, Endangered Species Coalition

Endangered Species Coalitionの2015年のレポートは、キボシイシガメを生息環境の分断によって最も脅かされているアメリカの10種の1つに挙げた。

カメ

カメの一種(キボシイシガメではありません)。

Christopher Furlong / Getty Images

Source:IUCN, Biological Diversity, Endangered Species Coalition

生息環境の分断は、アメリカのヒワコンゴウインコの個体数の減少にもつながった。ヒワコンゴウインコも絶滅の危機に瀕している。

ヒワコンゴウインコ

ヒワコンゴウインコ。

Alan Tunnicliffe Photography/Getty Images

Source: The Weather Channel,IUCN

開発、鉱業、観光に脅かされているサンホセウサギにとって最大の脅威は、ネコやヤギ、犬といった捕食動物の侵入だ。

サンホセウサギ

サンホセウサギ。

Mark Rightmire/MediaNews Group/Orange County Register via Getty Images

Source:IUCN, Edge of Existence

南米ペルーでは、パラモヒキガエルが数十年にわたって鉱業や農業に脅かされたあと、深刻な絶滅の危機に瀕している。個体数は50を下回ると考えられている。

パラモヒキガエル

パラモヒキガエル。

Edvard Mizsei/Shutterstock

Sources:IUCN, Edge of Existence

同じくペルーに生息するアンデスヨザルも、リストに追加された。森林破壊に脅かされている。

ヨザル

ペルーのヨザル。

nicolasdecorte/Getty Images

Source: the Guardian, IUCN

アフリカのサルもリストに追加された。絶滅の危機に瀕しているシロエリマンガベイは、食用として密猟され、その生息地は農業用地として開発されている。

シロエリマンガベイ

シロエリマンガベイ。

gnagel/Getty Images

Source:Mongabay,Eco Watch, IUCN

世界のアシカ類の中で最も危機に瀕しているのは、ニュージーランドアシカだ。漁業がアシカたちを脅かしている。

ニュージーランドアシカ

ニュージーランドアシカ。

Dariusz Wiejaczka/500px/Getty Images

Source:WFF,IUCN

漁業によって食料であるヤリイカも減り、アシカたちは飢えにも苦しんでいる。

ニュージーランドアシカ

ニュージーランドアシカ。

Flickr/rosino

Source:WFF,IUCN

ウーリームササビはこの写真よりかなり大きいのだが、深刻な絶滅の危機に瀕しているため、その写真を見つけることはかなり難しい。個体数減少の原因は、主に森林破壊だ。

リス科の一種

ウーリームササビではありません。

Stan Tekiela Author/Naturalist/Wildlife Photographer/Getty Images

Source:IUCN,WCS Pakistan

ベリーズ沖に生息するスプレンディッド・トードフィッシュは、観光や乱獲の影響で絶滅の危機に瀕している。

スプレンディッド・トードフィッシュ

スプレンディッド・トードフィッシュ。

AndamanSE/Getty Images

Source:The Weather Channel,IUCN

[原文:24 animals that became endangered in the last decade

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み