「仕事がつまらない」は解消できる。生産性高く成果を出すスキル「自律思考」を鍛えれば、もっと自由に働ける

「自律思考」を鍛える

撮影:今村拓馬

誰かから指示された「やらされ仕事」より、「裁量ある仕事」のほうがやる気は出るもの。しかもそれで結果を出せれば成長につながり、なにより楽しい。

では、裁量ある仕事を任されるためには何が必要でしょうか? 答えは「自分で考え、生産性高く成果を出すスキル」。

リクルートグループに29年間勤務し、ライン職から経営職まで経験した中尾隆一郎さんは、このスキルを「自律思考」と呼んでいます。

この連載では、自律思考はどんな要素から成り立ち、どうすればこのスキルを鍛えられるのか、中尾さんに解説していただきます。

「人生100年時代」は働く期間も長い

「人生100年時代」——。

リンダ・グラットンの著書『ワーク・シフト』、それに続く『ライフ・シフト』がきっかけとなり、人生100年時代の生き方が日本でも活発に議論されるようになりました。

100歳まで生きる可能性が高くなれば、当然、働く期間も長くなります。現在、公的年金の受給が始まるのは65歳。将来はさらに繰り下がることも当然あり得るでしょう。仮に70歳受給開始が現実のものになるとして、今の20〜30代であれば、少なくともあと40〜50年は働く計算になります。

さて、ここでみなさんにひとつ質問です。みなさんは、仕事を楽しめていますか?

なぜこんな問いかけをするのかといえば、「つまらない」と思いながら過ごすには、残り半世紀近くもある職業人生はあまりにも長すぎるからです。

仕事がつまらないと思う理由は、職場での人間関係がうまくいかない、給料が低いなど、いくつか考えられます。なかには自分の努力ではどうにもならないこともありますが、仕事に対する「つまらない」は、“あるスキル”を高めることで、かなりの部分が解消できるのでは、と考えています。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み