ステンドグラス、パイプオルガンはそのままに…歴史ある教会をリノベーションしたオフィスを見てみよう

オーディブルの新オフィス:ステンドグラスの窓

Audible

  • アマゾン(Amazon)の子会社、オーディブル(Audible)が2019年5月、ニュージャージー州ニューアークの歴史ある教会をリフォームし、オフィスを開設した。
  • 同社は、この長老派の教会を「イノベーション大聖堂(Innovation Cathedral)」と呼び、ニューアークに人々を引き寄せ、また、住民の興味も引きつけるだろうと述べている。
  • リノベーションの際、教会にあったステンドグラス、パイプオルガン、ボーリング場はそのまま残した。

アマゾンの子会社で、本の朗読サービスのオーディブル(Audible)が2019年5月、ニュージャージー州ニューアークにある歴史的な長老派教会にオフィスを開設した

オーディブルは、2007年にニュージャージー州ニューアークに本社を移転して以来、ニューアークで最も成長の早い民間企業となっていた。「イノベーション大聖堂」と呼ばれる新オフィスは、本社から1ブロックほどの所にある。歴史的要素を残しつつ改修し、オフィスの機能を追加した。

この新オフィスはオーディブルのニューアークへの公約の一環だと創業者でCEOのドン・カッツ(Don Katz)は言う。

「我々の努力が、ビジネスと発明の文化のため、我々と仕事をしたいという多くの才能ある人々のため、そしてこの偉大なる都市の再起のためにポジティブな結果をもたらしているという証明だ」

オーディブルは、ニューアーク市内に住む従業員に月500ドル(約5万4000円)の手当を支給し、ニューアークの高校生にアマゾンのFireタブレットを提供、有給のインターンシップも用意している。こうした施策はカッツCEOが、地域に投資するための「すべての法人が真摯に受け止めなければならない責任」と呼ぶものの一部だ。

以下に、1933年に建てられた教会が2019年のテック企業へと生まれ変わった様子を見てみよう。

1933年に建てられたこの建物は、かつてはニューアーク第二長老派教会で、20世紀半ばの最盛期には1万人の信者を抱えていた

オーディブルの新オフィス:ステンドグラスの窓

Audible


信者が減少したため1995年に閉鎖され、その後、地域団体がチャータースクールや託児所として2013年まで使用した

オーディブルの新オフィス:教会の装飾

Audible


オーディブルはこの8万平方フィート(約7400平方メートル)の建物を、歴史的な要素の多くを保存しながら、400人の従業員のためのオフィススペースにした

オーディブルの新オフィス:ステンドグラスの窓

Audible


パイプオルガンや…

オーディブルの新オフィス:オルガンのパイプ

Audible


巨大なステンドグラスがある

オーディブルの新オフィス:ステンドグラスの窓

Audible


かつて教会とつながっていたコミュニティセンターにあった古いボーリング場も修復した

オーディブルの新オフィス:ボーリング場

Audible


ボーリング場は一新され、現在は従業員の憩いの場となっている

オーディブルの新オフィス:ボーリング場

Audible


ミーティング用のホールも作った

オーディブルの新オフィス:ミーティング用ホール

Audible


カフェやラウンジも設けている

オーディブルの新オフィス:ラウンジ

Audible


約100年前の美しい職人の技に囲まれながら働くことができるのは、オーディブル社員ならでは

オーディブルの新オフィス:教会の装飾

Audible


信者席など、教会らしい要素も一部残り、オフィスで新たな役割を果たしている

オーディブルの新オフィス:信者席

Audible


20世紀の教会を21世紀の快適なオフィスにするために、完全に姿を変えたり、増設されたりしたエリアもある

オーディブルの新オフィス:社員食堂?

Audible

イノベーション大聖堂の紹介ビデオはこちら

「イノベーション大聖堂」の改修の模様の映像はこちら

[原文:Amazon's Audible turned a historic deserted church into an 'Innovation Cathedral' but preserved its stained glass, pipe organ, and bowling alley

(翻訳:Ito Yasuko、編集:Toshihiko Inoue)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み