17歳の高校生、アップルの"AirPods風"巨大Bluetoothスピーカーを作る

スピーカー

これはアップルの製品ではない。

Aaron Beckman

アメリカでは、17歳の高校生が作ったあるモノが話題になっている。アップル(Apple)のワイヤレスイヤフォン「AirPods」の形をした巨大Bluetoothスピーカーだ。

スピーカーを作ったミネソタ州の高校生アーロン・ベックマンさんによると、高さ約25cmのこの"AirPods風"スピーカーは、スピーカーとして完全に機能しているという。ベックマンさんが11月上旬にこのスピーカーの写真をRedditに投稿すると、7万8000以上の「賛成」と2000以上のコメントが付いた。

ベックマンさんが「AirPod Max」と呼ぶこのスピーカーを作るにあたっては、高校のロボット工学のチームを通じて、3Dプリンターを使用したという。

どうやってこの"AirPods風"スピーカーを作ったのか? ベックマンさんに聞いた。


ベックマンさんのデザインは、驚くほどオリジナルのAirPodsに忠実だ。

スピーカーとAirPods

左が"AirPods風"スピーカー、右がアップルのAirPodsだ。

Aaron Beckman; Apple

左耳用であることを示す「L」の文字など、細かなディテールまでしっかり再現されている。

スピーカー、AirPods

上が"AirPods風"スピーカー、下がアップルのAirPodsだ。

Aaron Beckman; Apple

スピーカーの全体の形は3Dプリンターを使って作ったが、「L」の文字は塗料で描き、メッシュ状に見えるAirPodsの中のスピーカー部分は網戸を使って作ったのだという。

スピーカー

Aaron Beckman

スピーカーとしてちゃんと使えるよう、ベックマンさんは中身も自分で組み立てた。次は、右耳用の"AirPod Max"を作って、ステレオにしたいと考えているという。

スピーカー内部

Aaron Beckman

一般的なBluetoothスピーカー同様、充電ポートも付いている。このスピーカーを作るのに約22時間かかったと、ベックマンさんはBusiness Insiderに語った。

充電中のスピーカー

Aaron Beckman

[原文:This high school student built a Bluetooth speaker in the shape of a giant Apple AirPod — see the pictures

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み