LINEとヤフーの経営統合。なぜLINEは“失敗”したのか? 今週読むべき5つのニュース

恐竜たちがいた時代、太陽系の位置は今とはまったく異なる場所だった

恐竜

セルビア、ベオグラードにある恐竜パーク。2018年2月。

REUTERS/Djordje Kojadinovic

恐竜に支配されていたころの地球は、銀河系の中で、現在の位置とはまったく違う場所にあった。

NASAの科学者ジェシー・クリスチャンセン(Jessie Christiansen)氏が制作した新たなアニメーションでは、我々の太陽系が銀河系(天の川銀河)を移動する軌跡をたどりながら、恐竜の時代がいかに長く続いたか、それに比べて人間の時代はどれほど短いかを示している。

Learn more?


なぜLINEは“失敗”したか。ヤフーの力を借りて「スーパーアプリ構想」は実現するのか

会見

11月18日夕方の共同記者会見。両社は、ラグビーW杯日本代表の結束を示す言葉として使われ、流行語大賞にもノミネートされた言葉「One Team(ワンチーム)」を用いた。

撮影:小林優多郎

ヤフー(10月1日にZホールディングスに商号変更)がLINEとの経営統合を発表した。

ヤフーといえば、井上雅博社長時代はどっしりと動かず、安定した広告収益を稼ぎ続けるのが取り柄の会社だった。

しかし、宮坂学社長時代を経て、2018年に就任した川邊健太郎社長は、ファッション通販大手ZOZOの買収に続き、今度はメッセージアプリ大手LINEとの統合と、「拡大か死か」を体現し続けるソフトバンク流経営を、ヤフーでも実践しているようだ。

Learn more?


フロントガラスもサイドウィンドウもなし...2億円のスーパーカーは空気が乗員を包み込む

マクラーレン

マクラーレンのロードスター「エルバ」。

McLaren

マクラーレンは最新のスーパーカー、168万ドル(約1億8000万円)の「エルバ」を発表した。

「新しいマクラーレン・アルティメット・シリーズのロードスターは、ドライバーに今までにない運転の喜びをもたらす唯一無二のモダンな車だ。エルバという名は、我々が受け継いできた豊かな歴史を表している」と、マクラーレンCEOのマイク・フルーウィット(Mike Flewitt)氏は述べた。

Learn more?


米でスタート「ディズニー+」を体験。1日で320万ダウンロード。ネットフリックスの株価は下落

ディズニー

ネットフリックス一人勝ちな中、「Disney+」はどう戦っていくのか。

REUTERS/Brendan McDermid

有料ストリーミングサービスに「地殻変動」を起こすと言われる「Disney+(ディズニー+)」が11月12日、アメリカ、カナダ、オランダでサービスを始めた。

これまでは、最大手ネットフリックスが「一人勝ち」の業界だが、メディア大手ウォルト・ディズニーが繰り出した後発のDisney+はどう食い込んでいくのか。ウォール街では「ネットフリックスを駆逐する」という声まであり、ネットフリックスの株価が下落している。

早速、Disney+のサービスを体験してみた。

Learn more?


【直撃】今も午後3時に退社、パタハラでアシックスを訴えた男性のその後

男性

アシックスは東京五輪のパートナー企業。男性は「五輪の裏で苦しんでいる社員がいることを知ってほしい」と、取材の際には五輪ロゴが入ったシャツを着ていた。

撮影:横山耕太郎

「育休から職場復帰する直前になっていきなり、倉庫での勤務を言い渡されました」

男性は2011年からアシックスに勤務。東京都内のオフィスでプロモーション業務などを担当していた。2015年に長男が生まれ、約1年間の育児休業を取得したが、職場復帰後、茨城県つくばみらい市の物流センターへの出向が言い渡された。通勤時間は短くなったが、荷下ろしや梱包などこれまでの業務とは全く違う内容を命じられたという。その後、出向が解かれ渋谷区のオフィスに戻ったが、業務命令がなくなり、社則の英訳作業などをしていた。

Learn more?

※この記事は編集部で集計した週間PV数及び公開済みの記事の内容に基づき作成しています。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み