緊張せず、人の記憶に残るプレゼンを実現する秘訣。「2019年世界チャンピオン」が教えてくれた

Aaron Beverly

パブリック・スピーチの世界大会で優勝したアーロン・ビバリー。

Aaron Beverly

  • 人前でスピーチをするのが怖いという人は多い。2019年、「パブリックスピーチの世界チャンピオン」に輝いたアーロン・ビバリーは、その不安を克服した。
  • 2012年から大会に出場を続けている彼はスピーチに磨きをかけ、ついに「信じられない話」というスピーチで優勝した。
  • ビバリーはBusiness Insiderに、過去に経験した不安や優勝を勝ち取ったスピーチの準備について語ってくれた。

世界中から毎年3万人以上の人たちが集まり、話し方やリーダーシップ・スキルの向上を目指す非営利教育団体トーストマスターズ・インターナショナルが認定する、「パブリックスピーチ世界チャンピオン」の座を競い合っている。

2019年は、米銀JPモルガン・チェースでアソシエイト・グローバル・プログラム・マネジャーを務めるアーロン・ビバリー(30)が栄冠に輝いた。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み