グーグルが国内2例目のベンチャー出資、CXプラットフォームのプレイドを支援

plaid

出典:PLAID

顧客体験を分析するB2Bサービス「KARTE(カルテ)」を運営するプレイド(東京・中央区)は11月27日、グーグルから資金調達したことを明らかにした。第三者割当増資で実施する。調達金額は非公開。

グーグルがベンチャーに出資する事例は、日本国内向けとしては、2018年末にAIベンチャー・Abeja(アベジャ、東京・港区)への出資に続き、国内2例目。アジア地域では複数の先行事例がある。

プレイドは今後、KARTEへのGoogle Cloudの機械学習技術の統合のために協業していく予定。

プレイド広報はBusiness Insider Japanの問い合わせに対し、「今後、KARTEのプラットフォーム化に注力していく予定。デジタルトランスフォーメーション、従業員体験の向上といった領域の改善相談を企業から受ける例が増えている。これらの領域でサービス提供するためには、パートナー企業(グーグルなど)との連携強化が重要だと考えている」とコメント。

今後、海外展開を視野に入れた採用強化もしていく。

(文・伊藤有)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み