「全米最優秀女子高生」の母・ボーク重子。10年以上意識してきた「非認知能力の入り口」の正体とは

ボーク重子

撮影:今村拓馬

人生の目的、あなたは見つけられているだろうか。

「このままでいいのだろうか」という漠然とした不安を抱えたまま、行動を起こすこともできずにいる——そんな人は、実は多いのではないだろうか。

胸の内のモヤモヤを解決するキーワードは「パッション」だと、作家でライフコーチのボーク重子氏は言う。

「パッション」とはいったい何なのか、人生におけるやりがいや生きがいの見つけ方、そのためのマインドセットについて、ボークさんに聞いた。

「パッションは非認知能力の入り口」

——娘さんが2017年に「全米最優秀女子高生」に選ばれたということから、これまでは子育てという切り口からの発信が多かったボークさんですが、今回『「パッション」の見つけ方 「人生100年ずっと幸せ」の最強ルール』という本を出版されました。「パッション」という新たな切り口で発信をしようと思った理由を教えてください。

パッションの見つけ方

2019年11月には「パッション」をテーマにした新刊を発売。ボーク氏の元には「人生のやりがいが見つからない」という相談が多く寄せられるが、実はかつてボーク氏自身も、同じ悩みを抱えていたという。

編集部撮影

もともと私が「パッション」という言葉を意識するようになったきっかけは、今から15年以上前のことです。アメリカ人の夫と結婚して移り住んだワシントンDCで、まだ幼かった娘の学校探しをしていたとき、応対してくれた先生からこんなことを言われたんです。

「我が校は子どもの『パッション』を見つけることにフォーカスします。なぜなら、パッションは非認知能力(※)の入り口だからです」。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

メンバー登録

メンバーの方はこちら

ログイン
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み